November 07, 2021

金森穣振付の『かぐや姫』は全3幕のグランド・バレエになると発表されているが、全幕完成に先立ち第一幕が世界初演された。物語としては、おてんば娘のかぐや姫が、村の孤児と恋に落ちるも、都に連れて行かれるというところまで。秋山瑛と柄本弾、足立真里亜と秋元康臣のダブルキャストで、筆者は秋山・柄本の組で観た。難しいパも軽々とやってのける、少年のような秋山には当たり役。古典の枠組みにはまりきらない秋山の魅力が、本作では余すところなく発揮されていた。世話物のうまい柄本も陽気な演技で大らかな雰囲気があり、かぐや姫の初恋の相手としての説得力があった。全編ドビュッシーの音楽が使われ、わけても『月の光』を使ったパ・ド・ドゥは、リフトが多い変化に富んだ振付で、詩情に溢れていた。金森作品らしさといえば、環境問題に対する視点があり、ダークサイドの象徴のような不気味な黒子も登場する。また、かぐや姫があっという間に成長する様子を、影絵のような映像で見せるのも面白かった。同時に、きらびやかな衣装を纏った24人の緑の精の背景に、リアルな竹やぶの映像が使われたり、演出が十分キャラクターを捉えているにも関わらず、ことさらに役柄を説明するような衣装やセットが選ばれていたりと、見せたいものや伝えたいものを明確にするためには、少し引き算が必要ではないかと感じる部分もあるにはあった。とまれ第一幕だけで批評するのはフェアではない。全幕の完成が楽しみである。

同時上演はベジャールの『中国の不思議な役人』とキリアンの『ドリーム・タイム』。カンパニーの指導陣の一人である木村和夫は、かつて不気味な役人を当たり役としていた。今回はキャストが若返り、大塚卓が初役で中国の役人を務めた。途中で帽子を取ると、若さの象徴のような大塚のサラサラの髪が現れる。髪は工夫次第でいかようにもできるだけに、役人を踊るダンサーの若さを意図的に見せようとしたのだろうか。見応えのある舞台ではあったが、出演者と役の間に多少距離が感じられる部分もあった。『ドリーム・タイム』は沖香菜子、三雲友里加、金子仁美、宮川新大、岡崎隼也の5名が、序盤から終盤のパ・ド・ドロワまで、ムーヴメントを途切れさせることなく、一筆書きのように描きあげた。極めて完成度の高い舞台だった。

(隅田 有 2021/11/06 東京文化会館大ホール 14:00)


outofnice at 20:39舞台評

November 02, 2021

過去最悪の第5波をようやく脱したタイミングで、モーリス・ベジャール・バレエ団(BBL)が4年ぶりの来日を果たした。もとは2020年に予定されていた舞台だが、パンデミックの影響を受け、2度の延期を経て実現した公演だった。

ツアー前半では、ジル・ロマン振付『人はいつでも夢想する』、ベジャール振付『ブレルとバルバラ』および『ボレロ』の3作が上演された。芸術監督のロマンは2017年の前回の来日公演に引き続き、振付家としての実力を示した。ジョン・ゾーンの曲を使い、映像も用いた『人はいつでも夢想する』は、どこか能を思わせる構成で、ワキのような位置づけの青年(ヴィト・パンシーニ)のもとに、シテのようなミステリアスな女性(ジャスミン・カマロタ)がやって来て、インスピレーションが万華鏡のように展開していく。振付に対して音楽の主張が若干強い部分もあるにはあったが、出演者の個性が生きる振付で、BBLのダンサーの持ち味が観客に良く伝わる作品だった。中性的でしなやかな脚を持つリロイ・モクハトレや、無駄を削ぎ落とした踊りで振付の核心を付く大貫真幹は、とりわけ素晴らしかった。続いて全編としては日本初演の『ブレルとバルバラ』と、来日公演の定番『ボレロ』が上演された。『ボレロ』のメロディはエリザベット・ロスで観た。強さ、恐ろしさ、エロティシズムの全てが、2017年のパフォーマンスを上回っていた。

ツアー後半に上演された『バレエ・フォー・ライフ』はクイーンとモーツァルトの名曲を使った作品で、初演は1996年。1991年と1992年に、ともに45歳で亡くなったフレディ・マーキュリーとジョルジュ・ドンに捧げら得た作品として知られているが、踊りとしてはジル・ロマン(当時)のパートが軸となっている。フレディ役のダンサーはカツラを被ったり派手な衣装を纏ったりして、舞台に現れては消えてゆくが、中央に置いた椅子に座り睨みをきかせているのはジルである(ここではあえてファーストネームで呼ぼう)。2021年10月現在ジル・ロマンはBBLの芸術監督で、本人の役では出ていない。「ショー・マスト・ゴー・オン」が流れるカーテンコールでは、ベジャールの代わりを務めている。代わりにガブリエル・アレナス・ルイズが、かつてのジルの激しさを彷彿とさせる踊りで、しっかりと存在感を示していた。

本公演は文化庁の『子供文化芸術活動支援事業』の一環として、18歳以下の子供たちが無料で招待されていた。舞台芸術の入門編としては、両プログラムともやや尖った内容だったのではないだろうか。公演終了後は劇場入り口で子供を迎える親御さんたちを多く見かけたが、舞台を見た子供の感想をご家族の方々はどのように受け止めたのだろうか。終演後に誰かと感想を共有するところまでが舞台芸術の醍醐味だと、いち舞台ファンとしての見解も示しておきたい。

(隅田有 2021/10/10, 2021/10/17 東京文化会館大ホール 14:00)


outofnice at 23:27舞台評

September 07, 2021

 国内外で研鑽を積む10代の踊り手から、プロの道を歩み始めた新進ダンサー、そしてトップ・プリマに至るまでが集結した《BALLET AT A GATHERING》。主催者である末松かよは、エカテリングルク・バレエ団を経て現在は後進の指導に当たっており、本公演も、出演者や観客に「夢を持って進んでほしい」という彼女の強い想いから実現。プロフェッショナルへの途上であるメンバーが半数以上を占める中でも、各々が美質を存分に発揮し、未来へと繋がる一夜となった。

 

1部の幕開けは、梅野ひなた(ボリショイ・バレエ・アカデミー/スコレーバレエアート)、石川瑛也(ドレスデン・パルッカ・ダンス大学/スコレーバレエアート)、藪内暁大(サンフランシスコ・バレエ・スクール/ルニオンバレエ)による『フェアリードール』。バランスの良いキャスティングで、時折織り交ぜられる人形振りやユーモラスなマイムも決して大仰ではない。それぞれが役柄を理解しつつも、クラシックの様式を逸脱しない端正な踊りと息の合った掛け合いで舞台の熱量を高めていた。

このパ・ド・トロワを皮切りに、『ライモンダ』第2幕のヴァリエーションで陽性の魅力を引き出した藤本葉月(ヨーロピアン・スクール・オブ・バレエ/アイコ・シーマンバレエスタジオ)、同作第1幕のソロとコンテンポラリー作品『RE-collection』の双方から自身の多彩な身体言語を示した大町こなみ(ドルトムント・ジュニア・バレエ団/スコレーバレエアート)、『ジゼル』第2幕のヴァリエーションでノーブルな身のこなしと豊かな心情表現を見せた森本晃介(田中バレエアート)など、有望株による綿密に練り上げられたソロやパ・ド・ドゥがテンポよく続いてゆく。

 

 そして、2部冒頭に『コッペリア』第3幕のグラン・パ・ド・ドゥを踊ったのは山田ことみ(アメリカン・バレエ・シアター・スタジオ・カンパニー/ヤマダチエサニーバレエスクール)と萩本理王(ヨーロピアン・スクール・オブ・バレエ/山本紗内恵バレエスクール)。山田は、強靭なテクニックと押し出しの良さが際立ち、高く軽やかなジャンプや安定感のある回転に加え、自身から醸し出される溌剌とした雰囲気がスワニルダに適役だ。対する萩本も、音楽と調和した伸びやかなシークエンスが心地よく、踊る喜びに溢れたふたりの化学反応を堪能した。

また、『眠れる森の美女』第1幕よりローズ・アダジオのヴァリエーションを踊った田中月乃(チューリッヒ・タンツ・アカデミー/YOKOクリエイティブバレエ)が、初々しさと気品を兼ね備えた佇まいやラインの美しさに加え、音楽をたっぷり使ったバランスや回転数の多いピルエットもこれ見よがしではなく、流れの中で自然に取り入れていたことも印象深い。続く江見紗里花(プリンセス・グレース・アカデミー/橋本幸代バレエスクール&Jr.co)による『サタネラ』も、ひとつひとつのパが丁寧で、そのコケティッシュな表現からも将来性を感じさせた。

 

 ゲストとして登場した二山治雄は『ブルージュの大市』『エスメラルダ』のソロを披露。とりわけ前者においては、持ち前の柔らかなムーヴメントがブルノンヴィル作品に不可欠な浮揚感に結びつき、正確無比なステップや鮮やかなバットゥリー、跳躍の際に空中に描かれるポーズの造形美が出色であった。

『白鳥の湖』とウヴェ・ショルツ振付『ソナタ』で1部、2部ともにトリを飾ったのは中村祥子とヴィスラフ・デュデック。登場の瞬間から空気を変えるほどの圧倒的な存在感はこの日も健在で、特に『白鳥…』第2幕のグラン・アダジオでは、細部に至るまでの研ぎ澄まされた動きがいっそう円熟味を増し、観客を一気に物語へと引き込んだ。

 

今回の舞台を通して、出演ダンサーも観客もインスピレーションを感じ取ったのではなかろうか。終演後には、来年の開催も告知され、清々しい気持ちで会場を後にした。無限の可能性を秘めた踊り手たちに再び出会えることを心待ちにしたい。(宮本珠希 2021/8/6 長岡京記念文化会館)

 



piyopiyotamaki at 02:42舞台評

August 18, 2021

3年に一度のバレエの祭典『世界バレエフェスティバル』が開幕した。3部構成で、22人のダンサーによる13作品が上演され、さらに2幕冒頭では今年逝去したカルラ・フラッチとパトリック・デュポンの映像が公開された。ジル・ロマン(ベジャール・バレエ・ローザンヌ)やスヴェトラーナ・ザハロワ(ボリショイ・バレエ)のベテラン勢が風格のあるソロを披露したり、フリーデマン・フォーゲル(シュツットガルト・バレエ団)が第1部でドロテ・ジルベール(パリ・オペラ座バレエ団)を、第3部でエリサ・バデネス(シュツットガルト・バレエ団)を相手に、オネーギンの1幕と3幕のパ・ド・ドゥを踊り、プログラムの前半と後半で物語の流れを表現したりと、緊急事態宣言下の開催であっても世界フェスらしい構成は健在だった。

2009年の世界フェス特別プログラムに主演した直後からスターダムを駆け上がっていったダニール・シムキン(アメリカン・バレエ・シアター他)は、バレエのお手本のような丁寧な踊りで、パトリス・バール版『白鳥の湖』第1幕の王子のソロを踊った。他にオニール八菜とマチアス・エイマン、アマンディーヌ・アルビッソンとマチュー・ガニオの2組のパリ・オペラ座勢や、ボリショイバレエのマリーヤ・アレクサンドロワとヴラディスラフ・ラントラートフ、オリガ・スミルノワ(ボリショイ・バレエ)とウラジーミル・シクリャローフ(マリインスキー・バレエ)、エカテリーナ・クリサノワ(ボリショイ・バレエ)とキム・キミン(マリインスキー・バレエ)が舞台を盛り上げ、客席からは大きな拍手が湧いていた。

本公演ではさらに、海外でプリンシパル・ダンサーとして活躍する、菅井円加(ハンブルク・バレエ団)と金子扶生(英国ロイヤル・バレエ団)の2名の日本人ダンサーが出演した。世界フェスに出演する東京バレエ団以外の日本人ダンサーとしては、1991年の坂東玉三郎と、1994年から3回連続で出演した小林十市以来である。菅井はアレクサンドル・トルーシュをパートナーに『パーシスタント・パースウェイジョン』(振付ノイマイヤー)を踊り、心を揺さぶるような強いエネルギーと、研ぎ澄まされた無駄のない動きで観客を圧倒した。ワディム・ムンタギロフと『マノン』の寝室のパ・ド・ドゥを踊った金子は、ポアントで歩く一歩一歩にも魅力が溢れ、マクミラン独特のスリリングなオフ・バランスを、善人も悪人も惹きつけてしまうマノンという役柄と見事にリンクさせていた。世界フェスでは1991年以降『マノン』の第1幕もしくは第3幕のパ・ド・ドゥが毎回上演されているが、金子は過去の様々なダンサーの名演技と比べても一段と素晴らしかった。第2部の『マノン』から、アレッサンドラ・フェリ(英国ロイヤル・バレエ団他)とマルセロ・ゴメス(ドレスデン・バレエ)の『ル・パルク』に続く中盤流れは、今回の公演のクライマックスであった。

2020年から続く新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しが見えず、東京都のモニタリング会議(8/12)では救急医療をはじめとする医療提供体制が機能不全に陥っていると述べられるなど、都内は依然として危機的な状況にある。外出制限が求められている中での開催は、今後の舞踊公演のあり方を模索する上でも検証されるべきだろう。それゆえに、大多数の観客が感染防止に効果が高いとされている不織布マスクやKF94マスクを装着し、熱心だが静かに鑑賞していたことは記録しておきたい。カーテンコールの「ブラボー」もまた、上演前のアナウンスで自粛が求められていた。「ブラボー」が聞こえた日もあったようだが、筆者が鑑賞したAプロ最終日は聞かれなかった。新型コロナウイルスに感染すれば職業生命に関わる可能性があるにも関わらず、世界中からスターダンサーが来日し、連日素晴らしい舞台を披露している。深刻なコロナ禍でも開催が実現できたのは、世界フェスが45年の歴史を通じて世界のダンサーたちと築きあげた、信頼という貯金があったからこそだろう。いち観客として感謝しかない。

(隅田有 2021/08/15 東京文化会館大ホール)


outofnice at 22:57舞台評

February 26, 2021


我らがダンス・タイムズの代表であり、舞踊評論家の山野博大先生が、2021年2月5日に他界しました。享年84。前日にはいつもと変わらぬ様子で笠井叡さんの公演を観ており、本当に突然の旅立ちでした。山野先生はいつまでもお元気で、私達と共に舞台を観て、感動を分かち合い、そして導いてくれると信じていましたので、なかなか事実を受け入れることができません。舞台芸術の歴史や批評のイロハはもちろん、下町の粋や人情、お酒の飲み方まで、私達はありとあらゆる事を先生から学びました。そしてなにより、雨の日も雪の日もバレエでもコンテでも大劇場でも小劇場でも、日本中の舞台に足繁く通い続けたお姿、その舞台について記していた批評を日々目の当たりにしていた私達は、公演を観ること、(美辞麗句を連ねるよりも)そこで何があったかをきちんと書いて後世に伝えることが大切であると身を以て教えてもらいました。もう少し我慢すれば、劇場のロビーでお話したり、編集会議や勉強会をしたり、思いっきり飲んで、笑って…、そんな以前のような楽しい時間を取り戻せると思っていた矢先の出来事だっただけに、悔しくて堪りません。しかし一方で「コロナの騒動があって、余計に舞踊の素晴らしさに気づかせてもらったんだから、良しとしようじゃないの」と先生は微笑んでいるような気もしています。それを表すかのように、昨年は、公演数が少なかったにも関わらず、38編もの批評をダンス・タイムズに遺してくれました。いまはただ、舞踊への愛と情熱に溢れた素晴らしい恩師に巡り合えた幸運に心より感謝しています。

※タイトルは、山野先生がお仲間を悼む際に使っていたものに倣ってみました。

ダンス・タイムズ一同


IMG_9725_YM_2





jpsplendor at 22:42レポート
記事検索