December 26, 2020


松山バレエ団の『くるみ割り人形』は、序曲のところでシュタールバウム家の玄関先の様子が、長い時間をかけてたっぷりと描かれる。クララ(森下洋子)らが外に出てクリスマス・パーティーにやって来る客たちを迎えるのだ。ドロッセルマイヤー(鄭一鳴)もそりに乗って雪道をやってくる。大勢の出演者を使って場面をこしらえることが多い演出・振付の清水哲太郎が、その特長をまず最初の場面で見せた。

クリスマス・ツリーが飾られたパーティー会場は大賑わい。客たちの踊りがあり、ドロッセルマイヤーが、ヨーゼフ人形(本多裕貴)、クラウス人形(垰田慎太郎)、ブリギッテ人形(岡村由美子)を踊らせて子どもたちを楽しませる。ドロッセルマイヤーからくるみ割り人形をもらってクララは大喜び。しかしそのうちにクララは眠くなってしまう。

クララの夢の中で、くるみ割り人形(大谷真郷)と玩具の兵隊たちとねずみの大軍の戦争が始まる。このあたりも清水哲太郎の演出は大勢のダンサーを使い、両者の戦いは一進一退。ついにくるみ割り人形とねずみの王様(垰田慎太郎)の決闘となる。あわやというところで、クララはねずみの王様にスリッパを投げつけ、くるみ割り人形が勝つ。クララと、くるみ割り人形が変身したアマデウス王子は、雪の女王カタリナ(石津紫帆)と雪の天使たち(藤原夕子、鎌田美香、鈴木彩ら)に見送られて玩具の国を目指す。

清水哲太郎版『くるみ…』最後のディベルティスマンでは、大谷真郷の慎重なサポートを受けて森下が大勢のダンサーの中心にぴたりと収まった。河合尚市指揮の東京ニューフィルハーモニック管弦楽団の演奏が、森下の演技のテンポをしっかりとフォローした。

(山野博大 2020/11/15 東京文化会館 大ホール)

jpsplendor at 23:16短評舞台評

伊藤キムと森下真樹が太い赤紐を担いで登場。それを結んで舞台中央に置き、シモ手の伊藤、カミ手の森下が、バイオリンの独奏曲を聞きながら一節づつ踊りをつないで行く。さらにバイオリンのメロディーを口ずさみながら踊る。しだいに現れる即興の歌詞が笑いを誘う。どこまで行っても、さらに次を見たくなるみごとなやりとりだった。

休憩の後、伊藤のチーム6人と森下のチーム5人の群舞となる。長い静止の後に少しづつ動きが現れ、しだいに加速する。みごとな群舞展開だ。しかし前半のデュエットと較べると、どこか物足りない。振付はさらに複雑なものとなり、動きの展開はおもしろさを増して行く。しかし、物足りなさは最後まで解消することはなかった。先に伊藤と森下のやりとりがなく、この群舞だけ見たら、十分に満足したと思うのだが…。

(山野博大 2020/11/13 東京芸術劇場 プレイハウス)

jpsplendor at 22:54短評舞台評

December 14, 2020

昨年新制作された斎藤友佳理版は、『くるみ割り人形』の作品本来の面白さを引き出し、高く評価された。今年はちょうど一年ぶりの再演。3公演トリプルキャストの2日目は、マーシャと王子に秋山瑛と宮川新大が、ドロッセルマイヤーに柄本弾が出演した。続きを読む

outofnice at 21:43舞台評

December 06, 2020


《CITY BALLET SALON》は、次の時代に作品を残すことを目指して、2011年2月に第1回を行った。第9回となる今回は、振付者として数々の実績を残す大ベテラン石井清子が2002年5月の《ラフィネ・バレエコンサート》で初演し、以後も何度か上演されてきた『ノスタルジー』、第1回の時に公演監督を務め、その後も第3回に『白いまじわり』、第4回に『白い命』、第7回に『終息への扉』、第8回に『セレナーデ』を発表してきた中島伸欣の新作『檻の中で』、第3回から『What is the true love?』『Road You Chose』『Road You Chose』『sinfonia eroica』『孤独の先に…』『未来への扉』『Finding Happiness』と毎回作品を出してきた草間華奈の『Life is…』、前回『The Seventh Position』を発表して振付者としての才能を印象付けた新進ジョン・ヒョンイルの新作『Two fethers』の4作品だった。

1本目は、ヒョンイルの『Two feathers』。『白鳥の湖』のメロディーをピアノで流し、白と黒の衣裳のダンサーたちにクラシックのステップを踊らせた。チャイコフスキーの感動的な主題を抽象的なダンスに仕立て直して、動き主体の舞台を出現させたのだ。最後にフォーキン振付の『瀕死の白鳥』まで、白と黒のデュエットに代えてしまい、抽象的なダンスの世界を観客に押し付けた。しかし「やはり元のままの方が…」という観客の想いを抑えきることはできなかった。そのような観客個々の心に葛藤を引き起こした白と黒のダンサーの動きが、ヒョンイルのねらい目だった。

草間の『Life is…』は、人生の折々にふと現れる美しいシーンを、好きな音楽を鳴らしてメモ書き風に並べた感じの舞台だった。繊細な感覚からにじみ出る何気ない動きの流れは美しい。しかしそれをひとひねりしたところに「作品」は現れる。メモ書きが作品になるまでには、もうしばらく待たなければならないようだ。

中島伸欣の『檻の中で』は、檻の中に閉じ込められている現代人の姿を描く。はじめに看守が消毒液を噴射するシーンがあり、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番を使い、囚われのいろいろな場面を見せる。最後にまた舞台両袖からの噴射があり、幕となる。全体の構成に無理がなく、動きの統一感が整っている上に、音楽の使い方もたくみだ。ダンサーがそろいの青い手袋をはめていて、牢獄の雰囲気を漂わせる衣裳の使い方もうまい。檻の中の人々にコロナ禍に悩む現代人の姿が重なって見えた。

石井の『ノスタルジー』は、過ぎ去った遠い日々の美しい思い出を描く舞台。彼女ならではの動きの流れの魅力が随所に感じられ、そこに安心して浸っていたいという気分にさせる。すでに東京シティ・バレエ団のレパートリーに入っており、今後も見る機会のある佳作。

《CITY BALLET SALON》も次回は10回目。これまでに登場した多くの作品の中から、バレエ団のレパートリーに残したいベストの数本を選び、改めて見せてもらいたいと思う。

(山野博大 2020/11/8 豊洲シビックセンターホール)

jpsplendor at 22:55舞台評短評

December 05, 2020


新国立劇場バレエ研修所の《バレエ・オータムコンサート2020》が行われ、研修所16、17期生、予科生が、新国立劇場バレエ団員のゲストに助けられて舞台を踏んだ。

オープニングにロマンティック・バレエの『ラ・シルフィード』第2幕よりを、そして最後にクラシック・バレエ『パキータ』のグラン・パを置き、その間に『シェヘラザード』のゾベイダとの奴隷のアダジオ、ボリス・アキモフと貝川鐡夫の今の時代の振付作品を配したプログラムは、若い研修生と観客にバレエの歴史の概略を教えるものだった。

シルフィードの服部由依、ジェームスの石井連が、森の妖精たちの優雅な集いを、パキータの吉田朱里、リュシアンの小柴富久修(ゲスト)が、フランス軍将校とそれを助けるジプシー女たちとのはなやかな出会いを踊り、研修の成果を示した。パキータを踊った吉田朱里の風格を感じさせる堂々たる身のこなし、『シェヘラザード』でゾベイダを踊った狩俣瑠風のしなやかな艶技が印象的だった。

ボリス・アキモフの『ボーイズ・アンシェヌマン』は男性4人の踊り。とかく女性中心になりがちのバレエの世界にあって、男たちもがんばっていることを見せるための一本だった。貝川の『ロマンス』は、女性6人の踊り。2016年11月の《Dance to the Future》の初演で、ショパンの曲を使い、さりげなく女性ダンサーの動きの流れの美しさを示した。

踊りの間に、映像による研修風景の紹介があった。ここでは、講師たちの熱心な働きが、研修生の成長に欠かせないものであることを知らされた。最後に第17期研修生が、それぞれ研修に臨む意気込みを語り、観客の応援の拍手のうちに《バレエ・オータムコンサート2020》は幕を下ろした。

(山野博大 2020/11/7 新国立劇場 中劇場)

jpsplendor at 23:27舞台評短評
記事検索