August 14, 2014

◆THE DANCE TIMES選出:ダンサー月間ベストテン(2014年7月)

<吉田都・斎藤拓>

2014年7月5日、石神井バレエアカデミー公演(練馬文化センター大ホール)で『眠れる森の美女』を踊る

 

<勅使川原三郎・佐東利穂子>

2014年7月10日、勅使川原三郎+KARAS:連続公演(シアターχ)で、『7月の夜』を踊る

 

<志賀育恵・黄凱>

2014年7月12日、東京シティ・バレエ団公演(ティアラこうとう大ホール)で、『ロミオとジュリエット』を踊る

 

<法村珠里>

2014年7月13日、法村友井バレエ団公演(ビッグ・アイホール)で『騎兵隊の休息』を踊る

 

<岡登志子>

2014年7月18日、アンサンブル・ゾネ:ダンス・パフォーマンス(六本木・ストライプハウス)で、自作の『眩暈 めまい vol.2』を踊る

 

<島地保武、酒井はな>

2014年7月18日、スタジオアーキタンツ・パフォーマンス(スタジオアーキタンツ)で、『3月のトリオ』を踊る

 

水木佑歌、中村梅彌、若柳壽延>
2014年7月19〜21日、 日本舞踊協会新作公演(国立劇場)で「櫻草紙」(華の花鳥)三すくみを踊る

 

<加治屋百合子>

2014年7月20日、新国立劇場:バレエ・アステラス(新国立劇場オペラパレス)で、『ジゼル』第2幕パ・ド・ドゥをジャレッド・マシューズと踊る

 

<アクリ士門>

2014年7月28日、薄井憲二先生の卒寿を祝う会(新宿文化センター)で『バヤデルカ』のブロンズ像を踊る

 

<福田圭吾>

2014年7月31日、日本バレエ協会『全国合同バレエの夕べ』で矢上恵子振付による「Cheminer」で踊る

 

THE DANCE TIMES》ダンサー月間ベストテンは、仲間の評論家をはじめとする多くの舞踊界の人たちとの劇場のロビーでの噂話などに含まれた本音のところを参考にして、山野博大と稲田奈緒美が協議し、最終的に決めます。

 ひとつの公演からはベストの一件だけ、月間でひとりのダンサーをダブって選ぶことはしないというルールでやっています。

 



inatan77 at 00:22舞台評 
記事検索