October 18, 2019


キミホ・ハルバート振付の『AGUA』で幕を開けた。この作品は2008年に札幌で初演し、以後改訂を加えてきたもの。暗い客席のあちこちで懐中電灯のライトが点滅し、それを持ったダンサーが続々と舞台に上がってきた。移動式の姿見が立ち並ぶ舞台にコンテンポラリーの動きを多用した複雑な群舞が広がり、観客を魅了した。

次いで上演されたのは『THE 黄帝心仙人』。踊ったのは黄帝心仙人と称する舞踊家だった。作品タイトルと出演者が同じというのは珍しい。彼はアニメーション・ダンスを名乗り世界的に知られる人物とのこと。機械のこすれるような音を聞かせ、ロボットのぎくしゃくとした動作を踊り、バレエの舞台ではあまり味わえない、別の世界の感覚を客席に振りまいた。そんなダンスを見せようという公演制作者としての井脇幸江の大胆な発想が、ガラに集った観客に大きな刺激を与えた。

そして篠原聖一振付の『太陽の黒点』を下村由理恵と浅田良和が踊った。大ベテランの登場だ。自分が踊るところを見せようという公演の場合、普通はこういう人選はしないのではないか。このあたりも井脇のユニークなところだ。篠原の抑制の効いた振付を下村・浅田のコンビがしっかりとフォローし、観客の心をつかみ取った。

井脇自身は『瀕死の白鳥』と『シェヘラザード』を踊った。『白鳥…』の風格ある演技はさすがに一級品だった。菅野英男の金の奴隷を相手にゾベイダを踊った『シェヘラザード』は、濃厚なエロスを大量に発散するところまでは行かなかったと思う。ガラの最後を飾ったのは、新国立劇場バレエ団の米沢唯と芳賀望を芯に据えた『パキータ』だった。しっかりとした仕上がりの舞台は文句のつけようがない。踊りたくて公演をやっている本人がトリを取るのが一般的だと思うが、このプログラム編成も井脇流だった。

公演パンフレットの内容が、またユニークだった。出演した井脇、キミホ、下村、米沢の女流4人による座談会が10ページも掲載されていたのだ。「4人の出会い」に始まり、「ダンサーの結婚のお相手は」「人生の苦悩、挫折と光」「長く踊り続けるのに必要なことは」と続き「踊りとは生き様そのもの」まで、4人が本音をさらけ出した内容は読みごたえ充分。これも普通ではない。

(山野博大 2019/9/6 新宿文化センター 大ホール)

jpsplendor at 23:50舞台評短評

熊川哲也が、カール・オルフの『カルミナ・ブラーナ』をバレエ化した。アンドレア・バッティストーニ指揮の東京フィルハーモニー交響楽団と大勢の合唱団による演奏が始まった。舞台いっぱいに広がった黒い衣裳の大合唱団の背後から、このバレエの主役である青年アドルフの関野海斗と女神フォルトゥーナの中村祥子が現れた。

振付者の熊川は、さらに花(毛利実沙子、佐伯美帆、高橋怜衣)、植物(石橋奨也、杉野慧、栗山廉、グレゴワール・ランシエ、奥田祥智、田中大智)、水(平野佐代子、大井田百、新井田ゆり、栗山結衣、蘆文伊)、鳥(山本雅也、酒匂麗、佐野朋太郎)、太陽(宮尾俊太郎、高橋裕哉)、ヴィーナス(矢内千夏他6人)、ダビデ(堀内將平他5人)、天使(河合有里子他11人)、サタン(遅沢祐介)、白鳥(成田紗弥)、神父(伊坂文月、石橋奨也他13人)を次々と登場させ、舞台上に世界をまるごと出現させた。

その世界は、アドルフ(ヒットラー?)の思いがけない行動によってしだいにたいへんなことになって行く。しかし女神フォルトゥーナは、アドルフの暴走を許さなかった。

言葉により表現することのないバレエは、それを見る者が、その中で使われている動きが意味する内容を正しく理解するまでに、ある程度の時間を必要とする。熊川版『カルミナ・ブラーナ』は再演を繰り返すうちに、観客ひとりひとりの心の中によりいっそう深くくいこんで来るはずだ。次に見られる機会が早く来ることを切に望む。

生演奏で『カルミナ…』を聞き、その世界に遊ぶことの豊かさを満喫した一夜だった。

(山野博大 2019/9/4 オーチャードホール)

jpsplendor at 23:45舞台評短評

舞踊作家協会のメンバーだった花柳寿南海と折田克子を追悼する会が行われた。雑賀淑子がエルガーの音楽を使って振付けた“プロローグ”に、黒衣の石黒節子、江原朋子、加藤みや子、ケイタケイ、雑賀淑子、田中いづみ、玉田弘子、平多実千子、木許恵介、小島直子、桑原麻実、伊藤友里絵が登場し、舞台中央に立つ木許から、ひとりひとり白い花を受け取り、それを二人の霊に捧げた。

第1部《折田克子の思い出を語る》は、彼女が踊る『紅い月夜』の映像から。これは1991年2月に行われた舞踊作家協会女流展《それぞれの四季》でのソロ。折田のしっかりした体幹からあふれ出す動きによる確かな語り掛けが、観客に在りし日の折田の実力を実感させた。次いでパッヘルベルの音楽を使った『カノン』を石井みどり・折田克子舞踊研究所の手柴孝子、仲野恵子、松永茂子、阿部友紀子、木許恵介、日野利和が踊り、師を追悼した。

《座談会》となり、雑賀淑子の司会で、尾上墨雪、手柴孝子、仲野恵子、花柳茂珠、新井雅子、山野博大が二人の思い出を語った。手柴、仲野が折田の日常を紹介し、花柳茂珠が彼女との交友を、また尾上墨雪らが花柳寿南海の踊りの奥深さを語った。

第2部の《花柳寿南海の俳句を踊る》では、彼女が詠んだ俳句を、花柳面、森嘉子が踊り、雑賀淑子の琵琶と松尾慧の笛が語りかけた。「ものうげに梅雨の晴れ間の白き人」を白い衣裳の花柳面がしみじみと舞い、「風鈴のビードロ涼し夏座敷」をアフロ・ジャズ・ダンスの森嘉子がゆったりとした動きを使い、日本の家の夏の風景を創り出した。そして「けい古日の夜は必ず冷や奴」を雑賀淑子の琵琶と語り、松尾慧の笛が、寿南海の好みを観客に伝えた。これらの俳句は、舞踊関係者で作る“まよい句会”の席で寿南海が披露したもの。この句会はすでに半世紀近い歴史を有し、故人となった貝谷八百子、谷桃子、志賀美也子、有馬五郎、庄司裕らもメンバーだった。句作は二の次で、おしゃべりと飲み食い優先の“句会”が今も年に1,2度、神楽坂で開かれている。

花柳寿南海が舞踊作家協会女流展《それぞれの四季》で踊った『立春の舞』の映像となった。きりりと引き締まった寿南海の動きの迫力が客席を圧倒した。

二人の稀有な才能に恵まれた舞踊家が遺したかけがえのない成果は、それを見た人の記憶の中にしかとどまらないという舞踊芸術の潔さに想いを馳せた会だった。

(山野博大 2019/9/3 ティアラこうとう 小ホール

jpsplendor at 23:39舞台評レポート

東京バレエ団で踊った岸辺光代が主宰する岸辺バレエスタジオの第32回発表会を見た。第1部は、岸辺振付の『CASTLE SALUTE』『ドニゼッティ・ヴァリエーションズ』、古典の『ラ・バヤデール』第3幕より、『サタネラ』よりグラン・パ・ド・ドゥの4本だった。発表会における岸辺の作品は、それを踊る者が持つ力を考慮して、舞台を楽しませることを第一に振付けられている。今回『ラ・バヤデール』でニキヤを踊った中野里美は、イギリスのロイヤル・バレエ学校留学中で、前途有望。また『サタネラ』のパ・ド・ドゥを踊った中野伶美は、アメリカのアトランタ・バレエで活躍中だ。

第2部は、岸辺の『カッコー』と『タランテラ』。そして岸辺の娘のキミホ・ハルバートが振付けた『Tears of Marmaid(人魚姫)』の3作品。『人魚姫』は、2011年に新国立劇場バレエ研修所・第6期生修了公演《エトワールへの道程》で初演された。それを産後から舞台復帰したばかりのキミホがマーメイドを踊り、王子を佐藤洋介、隣国の王女を名木田弓音、魔王を上野天志、マーメイドの姉を森田真希、岩部純子という配役で再演した。キミホの懸命の演技を魔王役の上野がていねいにサポートするあたりが、微笑ましい見せ場となった。

第3部は、『ドン・キホーテ』第2幕“夢の場”、第3幕“結婚式の場”だった。森の女王を名木田弓音、ドルシネア姫を馬場優梨、キューピッドをアトランタ・バレエに所属する中野伶美が踊った“夢の場”は、かわいらしいキューピッドたちも交えた優しい舞台。“結婚式の場”は、キトリをニュージャージー・バレエの望月理沙、バジルを新国立劇場バレエ団からゲスト出演の奥村康祐によるグラン・パ・ド・ドゥが中心。ヴァリエーションの夏見亜矢子(ルーマニアのヤシ・バレエ劇場)、谷口愛海、大木知世(在キプロス日本大使館派遣)が加わり、勢いのある舞台となった。岸辺は、『ドン・キホーテ』を発表会向きに手直しして、生徒たちにいろいろと出番を与え、グランド・バレエで踊る楽しさを味合わせた。

岸辺スタジオの作品は、発表会などで何度も再演されることが多い。そこで経験を積んだ生徒たちの中から、パリ・オペラ座のオニール八菜、宝塚歌劇団花組所属の柚香光をはじめ、多くのダンサーたちが各方面へと巣立ち活躍している。

(山野博大 2019/9/1 メルパルクホール東京)

jpsplendor at 23:33舞台評短評

October 15, 2019

<米沢唯>
2019年8月3日、《バレエ・アステラス2019〜海外で活躍する日本人バレエダンサーを迎えて〜》(新国立劇場・オペラパレス)で、『ドン・キホーテ』第3幕よりパ・ド・ドゥを渡邊峻郁と踊る

<佐東利穂子、勅使川原三郎>
2019年8月5日、カラス・アパラタス6周年記念《アップデイトダンスNo.65》公演(カラス・アパラタス)で、勅使川原演出の『ロスト イン ダンス』を踊る

<吉田都>
2019年8月7日、NHKバレエの饗宴特別企画 吉田都引退公演《Last Dance》(新国立劇場・オペラパレス)で、フレデリック・アシュトン振付『誕生日の贈り物-Birthday Offering-』から抜粋をフェデリコ・ボネッリと踊る

<小野絢子、首藤康之、中島瑞生、中村恩恵>
2019年8月11日、Program B ダンスと音楽『Camille カミーユ・クローデル』(スパイラルホール)で、中村演出・振付の同作を踊る

<永橋あゆみ、松野乃知、中川賢>
2019年8月12日、日本バレエ協会《2019年度全国合同バレエの夕べ》(新国立劇場・オペラパレス)で、日原永美子振付『La Source』を踊る

<金井桃枝>
2019年8月15日、金井桃枝舞踊研究所第21回発表会(オリンパスホール八王子)で、自作の『スゴンチュム〜布の舞〜』を踊る

<菅井円加、福岡雄大>
2019年8月16日、大和シティバレエ夏季公演2019《SUMMER BALLET CONCERT 2019》(大和市文化創造拠点シリウス芸術文化ホール・メインホール)で、宝満直也振付『Four to Four』第4楽章を踊る

<和田朝子>
2019年8月25日、和田朝子舞踊研究所50周年記念公演(高周波文化ホール・大ホール)で、可西希代子振付『八木節』を踊る

<伝田陽美、柄本弾、木村和夫>
2019年8月25日、東京バレエ団 子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』(めぐろパーシモンホール・大ホール)で、ウラージミル・ワシーリエフ版に基づく同作を踊る

<吉村輝章>
2019年8月31日、国立劇場令和元年8月舞踊公演《舞の会‐京阪の座敷舞‐》で、上方唄『御所のお庭・綱は上意』を舞う

《THE DANCE TIMES》選出ダンサー月間ベストテンは、仲間の評論家をはじめとする多くの舞踊界の人たちとの劇場のロビーでの噂話などに含まれた本音のところを参考にして、ダンス・タイムズ編集部で協議し、最終的に決めます。ひとつの公演からはベストの1件だけ、月間でひとりのダンサーをダブって選ぶことはしないというルールでやっています。


ayaorita at 07:30
記事検索