公演の見どころ

February 22, 2011

現在、劇場法の施行、日本版アーツカウンシルの設立などを目前に控え、日本の芸術文化への助成、文化政策が大きく変わろうとしている。文化庁がアーツカウンシルの参考にしようとしているのは、英国のスタイルではないかと思われるが、その仕組みやダンス機関での運用等について、日本ではあまり馴染が無いだろう。このたび、非常にタイミング良く、ロンドンのコンテンポラリーダンス複合施設「ザ・プレイス」の最高責任者ケネス・サープ氏が初来日し、東京と神戸でセミナーが開催されることになった。日本のダンス関係者が情報を得て、質問や意見交換などができる絶好の機会である。以下に「ザ・プレイス」とセミナーの概要を記すので、参加いただければ幸いだ。

続きを読む

inatan77 at 19:54
神楽坂にある「ダンスの小劇場」セッションハウスが、今年で設立20周年を迎えた。筆者が最初に訪れたのは15年前位だろうか。結成間もないコンドルズを見るためであった気もするし、ダンス・クラスを受けるためだったような気もする。まだ、コンテンポラリーダンスなどという言葉が一般的になる前で、もちろんコンドルズも無名。ダンスが好きな人々が集い、踊り、発表し、交流する場として、徐々に浸透し始めた頃であった。その後、まだ無名に近いニブロールやKENTARO!!を初めて見たのも、水と油の評判を耳にしたのも、やはりセッションハウスだった。今やコンテンポラリーダンス界で大活躍する彼らが、初期の一歩を記したのはここだったのである。続きを読む

inatan77 at 19:17

December 17, 2010

吉祥寺駅の北方、とある穴倉「壺中天」に大駱駝艦を率いる、麿赤児と申す剃髪の怪人あり。諧謔、見世物尽くして踊り、もって天賦典式と称す。その麿、若者を溶かして型に流しこみ、踊らしめて鋳態となす。この若き鋳態ども、よく踊り、よく作り、壺中天公演という祝祭を重ねてはや十年。本日、師走、十七日より二十六日まで、ここより生まれ来たる名シーンの数々、村松卓矢の手にかかりて蘇る。急ぎ、「壺中天」に向かうべし。

続きを読む

inatan77 at 17:56

November 29, 2010

バレエファンにとって、冬の風物詩といえば『くるみ割り人形』ですね。1953年に貝谷バレエ団で初演して以来、例年、日本で12月に上演される“くるみ”は延べ50回にのぼります。それだけに、バレエ団によって、物語、振付け、セット等々は実に様々です。どのようなものがあるのか、ダンス・タイムズのライター4人がナビゲートします。続きを読む

jpsplendor at 20:25

October 31, 2010

日本人離れしたスケールの大きな舞台を作り続けてきたジャズダンス界の巨匠・名倉加代子。長い手足にジャケットとジーンズで颯爽と現れたその姿は、カッコイイの一語に尽きる。とても今年でプロとしての舞踊生活50周年とは思えない若さとパワーに圧倒された。そんな彼女に記念公演の見どころを聞くとともに、舞踊生活を振り返ってもらった。

◎nakura11続きを読む

jpsplendor at 00:04

October 13, 2010

1023日、24日に、牧阿佐美バレヱ団が12年ぶりに上演する『ラ・シルフィード』。その舞台で、一人の若きバレリーナが主役デビューを飾る。入団4年目の茂田絵美子だ。NHK教育テレビで先ごろ再放送された『スーパーバレエレッスン ロイヤル・バレエの精華 吉田都』にも生徒として出演し、ジゼルとキトリのヴァリエーションを披露していたのが記憶に新しい。バレエ団でも、『ジゼル』のドゥ・ウィリ、『眠れる森の美女』のフロリン王女等を踊り、注目していた方も少なくないだろう。本番を1か月後に控えてリハーサルに励む茂田に、初の主役、初役に臨む意気込み、そしてバレエ人生について、聞いた。続きを読む

emiko0703 at 22:09

October 02, 2010

今日から10月。全国各地の神様は出雲に集まるため「神無月」となる。一方、出雲の国は神在月。神様は松江市北部にある佐太神社に集まると言われているが、今年は神様ならぬダンスアーティスト(ダンサー・振付家)たちが世界から集まっている。日本、韓国、中国、シンガポール、ハンガリー、チリから集まった12名が、佐太神社に伝わる佐陀神能を学び、コンテンポラリーダンスの作品を作るべく格闘しているのである。続きを読む

inatan77 at 02:05

August 23, 2010

came_map
「カメルーン国立舞踊団」が
9月、全国14都市で縦断公演を行う。来日は愛知万博以来5年振りだ。カメルーンと言えば 日韓共催ワールドカップの際のキャンプ地、中津江村との交流が話題になった。サッカーが盛んな国という印象があるが、芸術面では未だ馴染みが薄い。カメルーンのダンス、そしてダンスを育んだ文化や習慣について紹介する。

続きを読む

outofnice at 22:32

August 18, 2010

ERI KARATSU (Tatsuo Nanbu)2010年8月21日(土)から約3ケ月に渡って《あいちトリエンナーレ2010》が開催される。今年が第1回目となるこの国際芸術祭は美術と舞台芸術の双方にフォーカスしており、規模の大きさは世界的にみても珍しい。参加アーティストは国内外から130組以上を数え、名古屋市内の会場を起点に数ヵ所で展開される。パフォーミング・アーツの分野では21組のアーティストが参加し、国内外の最先端かつジャンルを超えた先鋭的で複合的な作品をほぼ毎週末上演するという。

《あいちトリエンナーレ2010》のパフォーミング・アーツ分野において、企画段階で意識したポイントや見どころを担当キュレーターの愛知県文化情報センター・主任学芸員、唐津絵理氏に伺った。

 

続きを読む

atl_on_dancetimes at 03:21

July 24, 2010

IMG_4980縮小

 山梨県・清里高原にある観光施設「萌木の村」にて、毎年夏に開催される「清里フィールドバレエ」。1990年にバレエ シャンブルウエストが上演を始めた野外バレエも、今年で21回目を数え、今や夏の清里にとって欠くことのできない風物詩となった。だが、長きに渡り野外バレエを続けるためには、様々な試行錯誤があったことだろう。
 野外バレエの魅力や創意工夫、上演演目に対する思い、主演ダンサーたちに寄せる期待について、忙しいリハーサルやスクールの合間を縫って、バレエ シャンブルウエストを主宰する川口ゆり子・今村博明のお2人に語ってもらった。

続きを読む

noriko_n82 at 09:33
記事検索