September 06, 2022

Bunkamura K-BALLET Opto「プティ・コレクション」公開リハーサル

BunkamuraとK-BALLET COMPANYにより発足された「Bunkamura K-BALLET Opto」は、ネザーランド・ダンス・シアターをはじめ各国で活躍した渡辺レイ舞踊監督(K-BALLET COMPANY舞踊監督と兼任)の下、世界屈指の振付家によるオリジナル作品や異なるジャンルとのコラボレーションを生み出してゆく新プロジェクトである。これまで古典作品を中心に上演を重ねてきた同カンパニーの新たなる挑戦に、期待は高まるばかりだ。

 

petitpetitpetit_チラシオモテ



今回の「プティ・コレクション」と銘打たれた旗揚げ公演では、メディ・ワレルスキー振付『Petite Ceremonie(プティ・セレモニー)“小さな儀式”』森 優貴振付『Petite Maison(プティ・メゾン)“小さな家”』渡辺レイ振付『Petit Barroco(プティ・バロッコ)“小さな真珠(ゆがんだ真珠)”』の3作品が上演される。プリンシパル5名を筆頭に、主軸を担うダンサーが総出演という、通常の全幕公演ではなかなか実現することのない豪華なキャスティングも大きな見どころである。

◎DSC04668
           (C) K-BALLET COMPANY


先日、公開リハーサルが行われ、『Petite Ceremonie』『Petit Barroco』の2作品が披露された。『Petite Ceremonie』は、2011年の初演以来、ワレルスキー自身が芸術監督を務めるバレエ・ブリティッシュ・コロンビアやジョージア国立バレエ団等でも上演されているが、アジア圏では本公演が初演となる。一人また一人とダンサーが舞台に現れ、同一のムーヴメントを繰り返しながら次第に緊密さを増してゆく冒頭から、総勢15名による無音の中でのユニゾン、畳みかけるように展開される乱舞など、みるみる増幅されてゆく高揚感が空間を満たしてゆく様は圧巻であった。


◎DSC04731
           (C) K-BALLET COMPANY

続く世界初演作『
Petit Barroco』は、「バロックとジェンダー」がテーマである。バロックという語は、「歪んだ真珠」を意味する「Barroco(バロッコ)」からきているとされており、ルネサンスからバロックへと”様式”、つまり美の価値基準が変容してゆく渦中での“抵抗力”や“反発力”に魅力を感じた渡辺が、そこに「女性の解放された自己表現」を重ね合わせたという。洗練された佇まいが際立つ飯島望未を中心に、ハイヒールでの動きとそれを脱ぎ捨ててからのシークエンスとの対比、ポーズやフォーメーションの非対称性の妙など、細部に至るまで非常にコンセプチュアルな構成にぐっと引き込まれた。また、ワコールの人気ブランドである「Salute」の衣裳協力も実現。”強い女性”がイメージのランジェリーを纏った彼女たちの身体から放出される「極限の力、究極的なエネルギー」を堪能したい。

さらには、ドイツのレーゲンスブルク歌劇場ダンスカンパニーで芸術監督として手腕を振るってきた森による『Petite Maison』も世界初演となる。日眄ず擇鬚呂犬瓠男性ソリスト陣も出演し、濃密なドラマが繰り広げられるであろう。


クラシックとコンテンポラリーの両輪で、ますますその真価を発揮するKバレエの今後に注目するとともに、迫る開幕を心して待ち望みたい。(宮本珠希)

 

≪公演情報≫
K-BALLET Opto 「プティ・コレクション」

日程:930日(金)1230分開演、1730分開演

   101日(土)1230分開演、1730分開演

会場:KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉

オンラインチケット:My Bunkamura    https://mybun.jp/k-opto

チケットセンター:03-3477-9999(オペレーター対応10001700
チケットカウンター:Bunkamura1F(10:00〜18:00)
東急シアターオーブチケットカウンター:渋谷ヒカリエ2F(11:00〜18:00)




piyopiyotamaki at 21:51レポート 
記事検索