舞台評

August 19, 2019

井上バレエ団が『シルヴィア』の全幕を上演した。このバレエは1876年、メラントの振付、ドリーブの作曲により、パリ・オペラ座で初演された。サブタイトルに「あるいはディアナのニンフ」とあるように、このバレエは、狩猟・貞操・月の女神であるディアナに付き従うニンフのひとりシルヴィアの行状を描いたもの。それを、石井竜一の演出・振付により日本の舞台に久しぶりによみがえらせたのだ。

日本では、今から63年前の1956年11月に服部・島田バレエ団が『シルヴィア』を初めて上演した。古藤かほると小倉礼子がダブルでシルヴィアを踊り、島田廣がアミンタだった。私は小倉の日を見たのだが、舞台の高いところに掛けられた橋を、シルヴィアたちニンフの一隊が駆け抜けるところで、彼女が橋掛かりから落ちるというアクシデントがあった。誰もが、もうこれでバレエは中止だろうと覚悟したが、小倉は怪我もなく次の場面に元気に登場して観客をほっとさせ、同時に驚ろかせたのだった。

ドリーブの美しい音楽に魅かれて、このバレエに取り組んだ振付者は少なくない。しかし神話のからむストーリーが難物で、そのほとんどが後に残らなかった。私は、英国ロイヤル・バレエ団のアシュトン版、日本の新国立劇場バレエ団のビントレー版以外のものを見ていない。1956年の服部・島田バレエ団、そして井上バレエ団の石井竜一は、とても難しい仕事に取り組んだことになる。

第1幕「聖なる森」、第2幕「オリオンの館」、第3幕「ディアナの神殿」と、ていねいにストーリーを追って舞台を進めた。石井竜一は、2017年8月の日本バレエ協会《全国合同バレエの夕べ》で、東京支部のために『シルヴィア』を振付けている。これは、ドリーブの音楽を使ったシンフォニック・バレエで、ストーリーを追っていなかった。しかし、彼はこの時のドリーブの音楽との関わりを忘れることができず、自分の『シルヴィア』全幕を創りたくなったのだろう。

シルヴィアを、田中りな(20日)と源小織(21日)、アミンタを、荒井成也(20)と浅田良和(21)、オリオンを、米倉佑飛(20)と檜山和久(21)、エロスを、越智ふじの、ディアナを、大島夏希(20)と福沢真璃江(21)が踊った。私は21日を見た。

第1幕、第2幕のドラマ仕立てのシーンでは、ベテランの浅田と檜山がドラマの芯を作り、それにシルヴィアの源、エロスの越智、ディアナの福沢をからめて、ストーリーを手際よく進めた。はなやかなダンスの見せ場のある第3幕は、コール・ド・バレエのがんばりもあり、エロスが仕組んだシルヴィアとアミンタの愛の結実の場面を楽しく見ることができた。ストーリーのポイントは、シルヴィアとアミンタの愛を認めたがらないディアナに、エロスが『デイアナとアクティオン』の故事を思い起こさせて、丸く収めるところにある。このあたりの様子を、ギリシャ神話になじんでいる西欧の観客は容易に理解できるが、日本での上演となると、さらに何か余分な「説明」を考えるところだ。しかし、石井竜一は、日本向けの配慮をあえてしなかった。余計なことを加えると、全体のバランスを壊すことになると考えたのだろう。

舞台は再演を繰り返すことによって観客との距離を縮める。我々が彼の『シルヴィア』になじめるようになるまで、ぜひ再演を続けてほしい。舞台美術をもっとクラシックな作りにすると、アシュトン版などと肩を並べる日本バレエの『シルヴィア』が、よりいっそう早く出来上がるのではないかと思う。冨田実里の指揮、ロイヤルチェンバーオーケストラの演奏による上演だった。

(山野博大 2019/7/21 文京シビックホール)


jpsplendor at 23:18

March 19, 2019

2017年に初演。今回は、昭和の風情が残る横浜の下町にしっくりと溶け込んでいる「若葉町ウォーフ」に場所を移してのリニューアル版である。小さなスタジオの壁には、来島友幸による手のひらサイズの音響装置が無数に張り巡らされており、その壁沿いに観客がポツポツと座る。

「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足、この生き物はなあに?」というスフィンクスの謎かけに着想を得ている。答えは、取りも直さず人間である。ハイハイする赤ちゃんが大人になり、歳を取って、やがて杖を突く。人生を一日に例えているのだ。

構成と演出は吉福敦子、出演と振付は尾形直子、平田友子、吉福の三人。それぞれが「自分史」をスケッチブックに描いて持ち寄り、舞踊譜として作ったという。自分史と言っても、日常の動作やライフイベントを表すような当て振りはない。夜明けから日没、そして…と変わり行く照明と来島の音響装置から発する、気付けば鳴っている程度のスイッチのような弱音が、時を刻む。踊りも音も説明に走らず、今まさに立ち会っている時間、空間に身を委ねて、感じる、考える自由を観客に与えている。実際に、別日の公演後にはファシリテーターが入って、観客が自分の感じたことを自由に話す「対話による鑑賞会」が開催されている。

出演者全員にセラピーやボディワークのバックグラウンドがあるだけに、作品全体が五感に心地良く、癒しの効果があった。ただその分、印象に残り難い側面もある。
甲高い素っ頓狂な声を出しながら、三人が縦一列に進むところは、黒沢美香の作品を彷彿とさせ、くすりと笑いが出てもよいところだが、爽やかにスルーしてしまった。人生は山あり谷あり。もう少しスパイスが効いた場面があっても良いかもしれない。とは言え、全編を通して、興味深いボキャブラリーがいくつもあり、小さなスペースを有効に使って観客の間を絶妙に縫うように動いていたのが面白かった。リニューアル版だけあって、じっくりと練られた作品であった。

(吉田 香 2019/02/09 19:00 若葉町ウォーフ)


jpsplendor at 23:13

December 30, 2018

昨年バレエ団として初演したロビンス振付『イン・ザ・ナイト』とキリアンの『小さな死』、そして再演を重ねているノイマイヤー振付『スプリング・アンド・フォール』とベジャールの『ボレロ』の4作品というプログラムである。
続きを読む

outofnice at 13:04

May 07, 2018

バランシンの『セレナーデ』を東京バレエ団が初演した。女性三人のソリストは川島麻実子、上野水香、中川美雪。川島はバランシンの「後乗り」の音取りの面白みを見事に表した。連続のピルエットは着地のタイミングをギリギリまで引き伸ばして余韻を作り、ジャンプは空中での重心の移動をしっかりと見せる。パとパの繋ぎの絶妙な”ゆらぎ”によって、”エレジー”が立ち上がった。感情を込めずスタイリッシュに仕上げる『セレナーデ』も一つの正解と言えるだろう。しかし、ムーヴメントを介して情感をたっぷりと表現した東京バレエ団の解釈は、本作の核心をついているのではないだろうか。バランシンの振付作品の中でも日本で上演される機会が多く、国内の複数のカンパニーがレパートリーに持っている。そんな中、東京バレエ団のバージョンとしての特色がしっかりと現れた、完成度の高い舞台だった。続きを読む

outofnice at 08:30

March 08, 2018

東京シティバレエ団の創立50周年記念公演が、3月3日、4日、6日に東京文化会館で上演された。演出は石田種生で”大いなる愛の讃歌”という副題が付いている。大野和士の指揮で演奏は東京都交響楽団。1946年の『白鳥の湖』日本初演の際に、藤田嗣治によってデザインされた背景画が、本公演で再現された。続きを読む

outofnice at 22:25

November 24, 2017

モーリス・ベジャールの没後10年を記念し、命日である11月22日と翌23日に特別公演が開催された。第一部はモーリス・ベジャール・バレエ団(BBL)のメンバーによるジル・ロマン振付の『テム・エ・ヴァリアシオン』、第二部はベジャールの作品から抜粋し再構成した『ベジャール・セレブレーション』。第二部には東京バレエ団のダンサーも参加し合同での上演となった。続きを読む

outofnice at 11:54

September 24, 2017

東京バレエ団が、イリ・キリアン振付『小さな死』、ローラン・プティ振付『アルルの女』、モーリス・ベジャール振付『春の祭典』の三作を上演した。続きを読む

outofnice at 20:00

September 14, 2017

世界各国で活躍する若手ダンサーによるプロジェクト"Bright Step"。代表の西島勇人(ロシア国立バレエ・モスクワ)、副代表の奥村 彩(オランダ国立バレエ団)らを中心に結成され、2015年の旗揚げ公演以来、毎年、同世代の踊り手が一同に会し、舞台やワークショップ等の活動を精力的に行っている。第3回となる本公演も、進境著しい出演者による華やかな一夜となった。

続きを読む

piyopiyotamaki at 18:35

June 24, 2017

第三回横浜バレエフェィティバルが開催された。今年も芸術監督に遠藤康行を迎え、日程は一日増えて金曜、土曜の二公演。AとBの二種類のプログラムが上演された。続きを読む

outofnice at 12:54

June 07, 2017

『ジゼル』をもとにした柳家花緑によるオリジナルの落語と、東京シティ・バレエ団がコラボレートした舞台が上演された。本作の初演は2015年。再演の今回はタイトルに"新"が加わり『新・おさよ』。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の生演奏が付いた。続きを読む

outofnice at 20:00
記事検索