舞台評

September 07, 2021

 国内外で研鑽を積む10代の踊り手から、プロの道を歩み始めた新進ダンサー、そしてトップ・プリマに至るまでが集結した《BALLET AT A GATHERING》。主催者である末松かよは、エカテリングルク・バレエ団を経て現在は後進の指導に当たっており、本公演も、出演者や観客に「夢を持って進んでほしい」という彼女の強い想いから実現。プロフェッショナルへの途上であるメンバーが半数以上を占める中でも、各々が美質を存分に発揮し、未来へと繋がる一夜となった。

 

1部の幕開けは、梅野ひなた(ボリショイ・バレエ・アカデミー/スコレーバレエアート)、石川瑛也(ドレスデン・パルッカ・ダンス大学/スコレーバレエアート)、藪内暁大(サンフランシスコ・バレエ・スクール/ルニオンバレエ)による『フェアリードール』。バランスの良いキャスティングで、時折織り交ぜられる人形振りやユーモラスなマイムも決して大仰ではない。それぞれが役柄を理解しつつも、クラシックの様式を逸脱しない端正な踊りと息の合った掛け合いで舞台の熱量を高めていた。

このパ・ド・トロワを皮切りに、『ライモンダ』第2幕のヴァリエーションで陽性の魅力を引き出した藤本葉月(ヨーロピアン・スクール・オブ・バレエ/アイコ・シーマンバレエスタジオ)、同作第1幕のソロとコンテンポラリー作品『RE-collection』の双方から自身の多彩な身体言語を示した大町こなみ(ドルトムント・ジュニア・バレエ団/スコレーバレエアート)、『ジゼル』第2幕のヴァリエーションでノーブルな身のこなしと豊かな心情表現を見せた森本晃介(田中バレエアート)など、有望株による綿密に練り上げられたソロやパ・ド・ドゥがテンポよく続いてゆく。

 

 そして、2部冒頭に『コッペリア』第3幕のグラン・パ・ド・ドゥを踊ったのは山田ことみ(アメリカン・バレエ・シアター・スタジオ・カンパニー/ヤマダチエサニーバレエスクール)と萩本理王(ヨーロピアン・スクール・オブ・バレエ/山本紗内恵バレエスクール)。山田は、強靭なテクニックと押し出しの良さが際立ち、高く軽やかなジャンプや安定感のある回転に加え、自身から醸し出される溌剌とした雰囲気がスワニルダに適役だ。対する萩本も、音楽と調和した伸びやかなシークエンスが心地よく、踊る喜びに溢れたふたりの化学反応を堪能した。

また、『眠れる森の美女』第1幕よりローズ・アダジオのヴァリエーションを踊った田中月乃(チューリッヒ・タンツ・アカデミー/YOKOクリエイティブバレエ)が、初々しさと気品を兼ね備えた佇まいやラインの美しさに加え、音楽をたっぷり使ったバランスや回転数の多いピルエットもこれ見よがしではなく、流れの中で自然に取り入れていたことも印象深い。続く江見紗里花(プリンセス・グレース・アカデミー/橋本幸代バレエスクール&Jr.co)による『サタネラ』も、ひとつひとつのパが丁寧で、そのコケティッシュな表現からも将来性を感じさせた。

 

 ゲストとして登場した二山治雄は『ブルージュの大市』『エスメラルダ』のソロを披露。とりわけ前者においては、持ち前の柔らかなムーヴメントがブルノンヴィル作品に不可欠な浮揚感に結びつき、正確無比なステップや鮮やかなバットゥリー、跳躍の際に空中に描かれるポーズの造形美が出色であった。

『白鳥の湖』とウヴェ・ショルツ振付『ソナタ』で1部、2部ともにトリを飾ったのは中村祥子とヴィスラフ・デュデック。登場の瞬間から空気を変えるほどの圧倒的な存在感はこの日も健在で、特に『白鳥…』第2幕のグラン・アダジオでは、細部に至るまでの研ぎ澄まされた動きがいっそう円熟味を増し、観客を一気に物語へと引き込んだ。

 

今回の舞台を通して、出演ダンサーも観客もインスピレーションを感じ取ったのではなかろうか。終演後には、来年の開催も告知され、清々しい気持ちで会場を後にした。無限の可能性を秘めた踊り手たちに再び出会えることを心待ちにしたい。(宮本珠希 2021/8/6 長岡京記念文化会館)

 



piyopiyotamaki at 02:42

August 18, 2021

3年に一度のバレエの祭典『世界バレエフェスティバル』が開幕した。3部構成で、22人のダンサーによる13作品が上演され、さらに2幕冒頭では今年逝去したカルラ・フラッチとパトリック・デュポンの映像が公開された。ジル・ロマン(ベジャール・バレエ・ローザンヌ)やスヴェトラーナ・ザハロワ(ボリショイ・バレエ)のベテラン勢が風格のあるソロを披露したり、フリーデマン・フォーゲル(シュツットガルト・バレエ団)が第1部でドロテ・ジルベール(パリ・オペラ座バレエ団)を、第3部でエリサ・バデネス(シュツットガルト・バレエ団)を相手に、オネーギンの1幕と3幕のパ・ド・ドゥを踊り、プログラムの前半と後半で物語の流れを表現したりと、緊急事態宣言下の開催であっても世界フェスらしい構成は健在だった。

2009年の世界フェス特別プログラムに主演した直後からスターダムを駆け上がっていったダニール・シムキン(アメリカン・バレエ・シアター他)は、バレエのお手本のような丁寧な踊りで、パトリス・バール版『白鳥の湖』第1幕の王子のソロを踊った。他にオニール八菜とマチアス・エイマン、アマンディーヌ・アルビッソンとマチュー・ガニオの2組のパリ・オペラ座勢や、ボリショイバレエのマリーヤ・アレクサンドロワとヴラディスラフ・ラントラートフ、オリガ・スミルノワ(ボリショイ・バレエ)とウラジーミル・シクリャローフ(マリインスキー・バレエ)、エカテリーナ・クリサノワ(ボリショイ・バレエ)とキム・キミン(マリインスキー・バレエ)が舞台を盛り上げ、客席からは大きな拍手が湧いていた。

本公演ではさらに、海外でプリンシパル・ダンサーとして活躍する、菅井円加(ハンブルク・バレエ団)と金子扶生(英国ロイヤル・バレエ団)の2名の日本人ダンサーが出演した。世界フェスに出演する東京バレエ団以外の日本人ダンサーとしては、1991年の坂東玉三郎と、1994年から3回連続で出演した小林十市以来である。菅井はアレクサンドル・トルーシュをパートナーに『パーシスタント・パースウェイジョン』(振付ノイマイヤー)を踊り、心を揺さぶるような強いエネルギーと、研ぎ澄まされた無駄のない動きで観客を圧倒した。ワディム・ムンタギロフと『マノン』の寝室のパ・ド・ドゥを踊った金子は、ポアントで歩く一歩一歩にも魅力が溢れ、マクミラン独特のスリリングなオフ・バランスを、善人も悪人も惹きつけてしまうマノンという役柄と見事にリンクさせていた。世界フェスでは1991年以降『マノン』の第1幕もしくは第3幕のパ・ド・ドゥが毎回上演されているが、金子は過去の様々なダンサーの名演技と比べても一段と素晴らしかった。第2部の『マノン』から、アレッサンドラ・フェリ(英国ロイヤル・バレエ団他)とマルセロ・ゴメス(ドレスデン・バレエ)の『ル・パルク』に続く中盤流れは、今回の公演のクライマックスであった。

2020年から続く新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しが見えず、東京都のモニタリング会議(8/12)では救急医療をはじめとする医療提供体制が機能不全に陥っていると述べられるなど、都内は依然として危機的な状況にある。外出制限が求められている中での開催は、今後の舞踊公演のあり方を模索する上でも検証されるべきだろう。それゆえに、大多数の観客が感染防止に効果が高いとされている不織布マスクやKF94マスクを装着し、熱心だが静かに鑑賞していたことは記録しておきたい。カーテンコールの「ブラボー」もまた、上演前のアナウンスで自粛が求められていた。「ブラボー」が聞こえた日もあったようだが、筆者が鑑賞したAプロ最終日は聞かれなかった。新型コロナウイルスに感染すれば職業生命に関わる可能性があるにも関わらず、世界中からスターダンサーが来日し、連日素晴らしい舞台を披露している。深刻なコロナ禍でも開催が実現できたのは、世界フェスが45年の歴史を通じて世界のダンサーたちと築きあげた、信頼という貯金があったからこそだろう。いち観客として感謝しかない。

(隅田有 2021/08/15 東京文化会館大ホール)


outofnice at 22:57

December 30, 2020


今年は、三島由紀夫の没後50年にあたる。東京バレエ団が、彼の生涯を描いたモーリス・ベジャール振付『M』を再演した。この作品は1993年7月31日、東京文化会館で世界初演された。舞台の丈を低く抑えて、歌舞伎のような横に拡がる空間を設定し、そこに大勢の青い衣裳の女性ダンサーに仏像のようなポーズをとらせたオープニング。読経のような音が聞こえているが、ダンサーの列が一転して、海の波と化す。三島の「潮騒」を思わせる眺めだ。しかしこの場面は、ベジャールがギリシャの海を往く船上で『M』の発想を固めたためにできたとも言われている。そこへ学習院初等科の制服を着た子どもの頃の三島(大野麻州)が、祖母の夏子に手を引かれて登場し波とたわむれる。三島の人物像は、機Εぅ繊癖阻榁董法↓供Ε法糞楡鄂径隋法↓掘Ε汽鵝塀元康臣)、検Ε掘併燹γ嗚楙与拭砲箸い4人の男性ダンサーが踊る。祖母の夏子が和服を脱ぐと、検Ε掘併燹北鬚涼嗚椶現れる。こうして三島の生涯が絶えず「死」に関わるものであったことをベジャールは観客に伝える。

他に重要な登場人物は、聖セバスチャン(樋口祐輝)と和弓を持った射手(和田康佑)という男性2名。三島が書いた「禁色」「午後の曳航」「鹿鳴館」「鏡子の部屋」と思われる場面が続くが、そこに少年姿の三島、4人の男性ダンサー、聖セバスチャン、射手、海上の月(金子仁美)、女(上野水香)らが登場し、踊りの場面を彩った。

音楽を担当した黛敏郎が、ベジャールの自由な発想の飛躍を、能の囃子、ピアノの演奏(菊地洋子)、ドビュッシー、シュトラウス2世、サティ、ワーグナーなどを気軽に取り込んで助けていた。最後に軍服に身をつつんだ盾の会の面々が登場し、三島は切腹。また海の場面となって『M』は終わる。

ベジャールは2007年に他界しているので、初演に関わった小林十市、高岸直樹、吉岡美佳が指導にあたっての再演だった。周到に仕上げられた舞台から、ベジャールの三島理解、日本の古典芸能の知識の深さが改めて感じられた。ベジャールの傑作を正しく次の時代へつないだ斎藤友佳理芸術監督のバレエ界への貢献は高く評価されるべきだ。

『M』の再演は、10月24、25日に東京文化会館で、11月21日に神奈川県民ホールで行われた。私は10月25日を見て10年ぶりに再演の『M』の奥行きの深さに圧倒された。11月21日の神奈川県民の舞台を見て細部を確認してから、その印象を記した。

(山野博大 2020/11/21 神奈川県民ホール 大ホール)

jpsplendor at 22:43

岩淵貞太が、入手杏奈、北川結、涌田悠の女性ダンサー3人と共に『Gold Experience』を踊った。彼は、室伏鴻のところで踊り、山田うんの作品に出たり、関かおりと共に舞台を作ったりして自分の世界を固めてきた。共演の入手と北川は、桜美林大学で木佐貫邦子に学び、涌田は関原亜子に師事し、それぞれの個性を主張する存在だ。

まず岩淵が半裸に近いかっこうで登場。うめき声を発しながらじわじわと動く。次いで女性陣3人が横一列になり、やはりからだを動かす。以後、岩淵は自身の開発した舞踊言語を順次紹介して行く。男女が一本の棒をつかみ合いながらのデュエットがあるかと思うと、舞台上に張った水面に動きを浸してみたりと、普通の舞台ではあまりやらない場面をいろいろと見せた。

そして、全員がうめき声をあげながら苦しそうに踊るラストへ。最後は舞台後方の水を張ったところへ全員が入り、そこでまたしばらくうごめく。水からあがった岩淵と女性3人が、奇声を発しながら客席へと迫るところで終わる。まず自分の使う舞踊の方法をひとつひとつ示しておいて、それを使って舞台のクライマックスを作り、自分の舞踊はこれだと主張するストレートな物言いが潔かった。

(山野博大 2020/11/20 吉祥寺シアター)

jpsplendor at 22:26

December 26, 2020


松山バレエ団の『くるみ割り人形』は、序曲のところでシュタールバウム家の玄関先の様子が、長い時間をかけてたっぷりと描かれる。クララ(森下洋子)らが外に出てクリスマス・パーティーにやって来る客たちを迎えるのだ。ドロッセルマイヤー(鄭一鳴)もそりに乗って雪道をやってくる。大勢の出演者を使って場面をこしらえることが多い演出・振付の清水哲太郎が、その特長をまず最初の場面で見せた。

クリスマス・ツリーが飾られたパーティー会場は大賑わい。客たちの踊りがあり、ドロッセルマイヤーが、ヨーゼフ人形(本多裕貴)、クラウス人形(垰田慎太郎)、ブリギッテ人形(岡村由美子)を踊らせて子どもたちを楽しませる。ドロッセルマイヤーからくるみ割り人形をもらってクララは大喜び。しかしそのうちにクララは眠くなってしまう。

クララの夢の中で、くるみ割り人形(大谷真郷)と玩具の兵隊たちとねずみの大軍の戦争が始まる。このあたりも清水哲太郎の演出は大勢のダンサーを使い、両者の戦いは一進一退。ついにくるみ割り人形とねずみの王様(垰田慎太郎)の決闘となる。あわやというところで、クララはねずみの王様にスリッパを投げつけ、くるみ割り人形が勝つ。クララと、くるみ割り人形が変身したアマデウス王子は、雪の女王カタリナ(石津紫帆)と雪の天使たち(藤原夕子、鎌田美香、鈴木彩ら)に見送られて玩具の国を目指す。

清水哲太郎版『くるみ…』最後のディベルティスマンでは、大谷真郷の慎重なサポートを受けて森下が大勢のダンサーの中心にぴたりと収まった。河合尚市指揮の東京ニューフィルハーモニック管弦楽団の演奏が、森下の演技のテンポをしっかりとフォローした。

(山野博大 2020/11/15 東京文化会館 大ホール)

jpsplendor at 23:16

伊藤キムと森下真樹が太い赤紐を担いで登場。それを結んで舞台中央に置き、シモ手の伊藤、カミ手の森下が、バイオリンの独奏曲を聞きながら一節づつ踊りをつないで行く。さらにバイオリンのメロディーを口ずさみながら踊る。しだいに現れる即興の歌詞が笑いを誘う。どこまで行っても、さらに次を見たくなるみごとなやりとりだった。

休憩の後、伊藤のチーム6人と森下のチーム5人の群舞となる。長い静止の後に少しづつ動きが現れ、しだいに加速する。みごとな群舞展開だ。しかし前半のデュエットと較べると、どこか物足りない。振付はさらに複雑なものとなり、動きの展開はおもしろさを増して行く。しかし、物足りなさは最後まで解消することはなかった。先に伊藤と森下のやりとりがなく、この群舞だけ見たら、十分に満足したと思うのだが…。

(山野博大 2020/11/13 東京芸術劇場 プレイハウス)

jpsplendor at 22:54

December 14, 2020

昨年新制作された斎藤友佳理版は、『くるみ割り人形』の作品本来の面白さを引き出し、高く評価された。今年はちょうど一年ぶりの再演。3公演トリプルキャストの2日目は、マーシャと王子に秋山瑛と宮川新大が、ドロッセルマイヤーに柄本弾が出演した。続きを読む

outofnice at 21:43

December 06, 2020


《CITY BALLET SALON》は、次の時代に作品を残すことを目指して、2011年2月に第1回を行った。第9回となる今回は、振付者として数々の実績を残す大ベテラン石井清子が2002年5月の《ラフィネ・バレエコンサート》で初演し、以後も何度か上演されてきた『ノスタルジー』、第1回の時に公演監督を務め、その後も第3回に『白いまじわり』、第4回に『白い命』、第7回に『終息への扉』、第8回に『セレナーデ』を発表してきた中島伸欣の新作『檻の中で』、第3回から『What is the true love?』『Road You Chose』『Road You Chose』『sinfonia eroica』『孤独の先に…』『未来への扉』『Finding Happiness』と毎回作品を出してきた草間華奈の『Life is…』、前回『The Seventh Position』を発表して振付者としての才能を印象付けた新進ジョン・ヒョンイルの新作『Two fethers』の4作品だった。

1本目は、ヒョンイルの『Two feathers』。『白鳥の湖』のメロディーをピアノで流し、白と黒の衣裳のダンサーたちにクラシックのステップを踊らせた。チャイコフスキーの感動的な主題を抽象的なダンスに仕立て直して、動き主体の舞台を出現させたのだ。最後にフォーキン振付の『瀕死の白鳥』まで、白と黒のデュエットに代えてしまい、抽象的なダンスの世界を観客に押し付けた。しかし「やはり元のままの方が…」という観客の想いを抑えきることはできなかった。そのような観客個々の心に葛藤を引き起こした白と黒のダンサーの動きが、ヒョンイルのねらい目だった。

草間の『Life is…』は、人生の折々にふと現れる美しいシーンを、好きな音楽を鳴らしてメモ書き風に並べた感じの舞台だった。繊細な感覚からにじみ出る何気ない動きの流れは美しい。しかしそれをひとひねりしたところに「作品」は現れる。メモ書きが作品になるまでには、もうしばらく待たなければならないようだ。

中島伸欣の『檻の中で』は、檻の中に閉じ込められている現代人の姿を描く。はじめに看守が消毒液を噴射するシーンがあり、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番を使い、囚われのいろいろな場面を見せる。最後にまた舞台両袖からの噴射があり、幕となる。全体の構成に無理がなく、動きの統一感が整っている上に、音楽の使い方もたくみだ。ダンサーがそろいの青い手袋をはめていて、牢獄の雰囲気を漂わせる衣裳の使い方もうまい。檻の中の人々にコロナ禍に悩む現代人の姿が重なって見えた。

石井の『ノスタルジー』は、過ぎ去った遠い日々の美しい思い出を描く舞台。彼女ならではの動きの流れの魅力が随所に感じられ、そこに安心して浸っていたいという気分にさせる。すでに東京シティ・バレエ団のレパートリーに入っており、今後も見る機会のある佳作。

《CITY BALLET SALON》も次回は10回目。これまでに登場した多くの作品の中から、バレエ団のレパートリーに残したいベストの数本を選び、改めて見せてもらいたいと思う。

(山野博大 2020/11/8 豊洲シビックセンターホール)

jpsplendor at 22:55

December 05, 2020


新国立劇場バレエ研修所の《バレエ・オータムコンサート2020》が行われ、研修所16、17期生、予科生が、新国立劇場バレエ団員のゲストに助けられて舞台を踏んだ。

オープニングにロマンティック・バレエの『ラ・シルフィード』第2幕よりを、そして最後にクラシック・バレエ『パキータ』のグラン・パを置き、その間に『シェヘラザード』のゾベイダとの奴隷のアダジオ、ボリス・アキモフと貝川鐡夫の今の時代の振付作品を配したプログラムは、若い研修生と観客にバレエの歴史の概略を教えるものだった。

シルフィードの服部由依、ジェームスの石井連が、森の妖精たちの優雅な集いを、パキータの吉田朱里、リュシアンの小柴富久修(ゲスト)が、フランス軍将校とそれを助けるジプシー女たちとのはなやかな出会いを踊り、研修の成果を示した。パキータを踊った吉田朱里の風格を感じさせる堂々たる身のこなし、『シェヘラザード』でゾベイダを踊った狩俣瑠風のしなやかな艶技が印象的だった。

ボリス・アキモフの『ボーイズ・アンシェヌマン』は男性4人の踊り。とかく女性中心になりがちのバレエの世界にあって、男たちもがんばっていることを見せるための一本だった。貝川の『ロマンス』は、女性6人の踊り。2016年11月の《Dance to the Future》の初演で、ショパンの曲を使い、さりげなく女性ダンサーの動きの流れの美しさを示した。

踊りの間に、映像による研修風景の紹介があった。ここでは、講師たちの熱心な働きが、研修生の成長に欠かせないものであることを知らされた。最後に第17期研修生が、それぞれ研修に臨む意気込みを語り、観客の応援の拍手のうちに《バレエ・オータムコンサート2020》は幕を下ろした。

(山野博大 2020/11/7 新国立劇場 中劇場)

jpsplendor at 23:27

December 02, 2020


小林和加枝ダンス展で、ていねいに仕上げられた現代舞踊の小品3本を見た。最初の『Energy』は、熊木梨乃の振付。高橋ゆかり、栗原理佐子、澤琴音と共に熊木が中心を踊った。彼女は小林門下。歯切れの良い動きが印象的な踊り手だ。その良さを芯に据え、踊りの楽しさをストレートに見せた佳品だった。
 
次の『こ木・こ木・こ木の…』は、小林和加枝が2011年のザ・ネリマ現代舞踊展で初演したもの。小林は、荻野陽子、荻野直子、武井良江に動くところをすっかり任せきり、武田晴子デザインの樹齢を経た大木を思わせる衣裳を身につけ、背を向けて中心に立ちつくす。タイトルの「こ木」のところに「古木」「枯木」「孤木」の漢字をあてはめると、これが深い森の景色であることがはっきりする。しかし小林は、そのあたりに何の細工も施さず、ひたすら老木を演じきった。
 
小林和加枝の師は、志賀美也子のところから巣立った塩穴みち子だ。塩穴は自分の世界にこもり、身辺の様子をこと細かに描くタイプの舞踊家だった。観客の理解を得ることにはあまりこだわらず、自分の詩の追求に専心したので「難解」と言われることが多かった。しかしひとたび、彼女の世界に引き込まれてしまうと、どこまでも奥へ奥へと共に進むことになる。小林は、塩穴のそのようなところを引き継いでいるのかもしれない。『こ木・こ木・こ木の…』は、ふとそんなことを思い起こさせる作品だった。明快な仕上がりの『Energy』の次に上演されたせいで、その創作の姿勢がいっそう強く印象付けられたような気がする。
 
最後は『一通の手紙』だった。小林和加枝の振付を中村友美門下のベテラン幕田晴美、小林門下の荻野陽子、荻野直子、高橋ゆかり、熊木梨乃の5人が踊った。それぞれのダンサーに個性を生かした動きを与え、五つのソロが同時に進行するような状態を作り上げ、そこに小さなドラマを潜ませた。ここに「難解」はなく、観客はしっかりと構成された踊りを見た満足感を胸に、晴れやかに家路につくことができた。

(山野博大 2020/11/6 川口総合文化センター リリア 催し広場)

jpsplendor at 21:55
記事検索