短評

March 11, 2017

出演はNoism出身の3名のダンサー、藤井b泉、宮原由紀夫、篠原未起子と、ギタリストの原大介。そして"隠し味"こと阪大特任助教でカニ博士の西山雄大。1時間弱の作品で、全4公演のうち、土曜日の昼は乳幼児も入場できる回だった。冒頭、全身タイツ姿のダンサー3人が登場。ギターがジャーンと鳴った瞬間、一斉に子供たちが泣き出す。そのタイミングの良さに大人たちが吹き出した。会場はギャラリーとしても使われる長方形のスペースで、片方の長辺に窓、もう片方に椅子を並べた設定。ダンサー同士がお互いの体の重みを使って滑ったりリフトをしたりと、踊りには狭いスペースならではの工夫がある。二台のベビーカーをヤドカリのように背負って踊ったり、にらめっこのような表情で静止したりと、ノリが良くてクスリと笑う演出が多い。猿蟹合戦を模した映像や、コメツキガニの集団行動についてのレクチャー、テルミンから想を得た装置の実演が途中に加わる。子供たちが空間に慣れて多少の音にも驚かなくなってゆく連続的な変化が、作品全体を統合する縦糸のように機能し、かれらのストレートな反応は作中の表現にリアリティをもたらした。晴天の週末の午後、会場のすぐ外では近所の大学の運動部の学生たちがランニングをしている。日常を感じさせる偶然の要素も演出の一部となり、多幸感溢れる公演だった。
(2017/03/11 隅田有 トーキョーワンダーサイト本郷 14:00)


outofnice at 16:44

February 28, 2017

改定演出・振付は法村牧緒。日本バレエ協会としての本作『ラ・バヤデール』は初演という。ニキヤと奴隷による神に捧げるバ・ド・ドゥや、婚約式の太鼓の踊りがあり、影の王国で終わらずに結婚式も付いてくる。ソロルが婚約式の会場に象で乗り付けるのは、マリインスキー版などでもお馴染みの演出だ。長田佳世のニキヤは、正確なポーズが瞬時に決まり、腕は身体から遠く美しいラインを通る。ガムザッティとの対決でナイフを振り上げる場面では、直前にソロルの肖像画を見上げて決意を固める。聖なる火の前で立てた誓いを守るためには、手段を選ばないといった風だった。二幕のソロは悲しみを表すだけでなく、道理を説いているようでもあり、失恋の哀れさを超越している。影の王国ではクラシック・バレエのスタイルを崩さないソリッドな踊り。ラストの結婚式の場は、ユーリー・ペトゥホフの振付が採用された。かつてソロルが愛を誓ったことを、ニキヤの亡霊が高らかに告げるのを合図に、建物が崩れ出す。恋人に対する愛情もさることながら、信仰心に篤い高潔な舞姫だった。ガムザッティの馬場彩は華やかさと初々しさがあった。ソロルの肖像画の下で一瞬涙ぐむ演技が、ニキヤに懇願する場面で生きる。イタリアン・フェッテではポーズをきちんと見せ、丁寧なパの運びに育ちの良さを重ねた。ソロルの橋本直樹はジャンプの際、空中で頭を少し上げるので軽やかさが増す。舞台映えする技術を備えており、ニキヤと組んでいるときよりもソロの方が伸びやかだった。出演は他に、黄金の像に高橋真之、大僧正にマイレン・トレウバエフ、マグダヴェアに土方一生、ラジャに桝竹眞也、神に捧げる踊りのパートナーに輪島拓也。新国立劇場でプリンシパルとして活躍した長田は、本公演を最後に現役を去る。ベテランの表現者ならではの見事な舞台を観ただけに、早過ぎる引退が惜しまれる。
(隅田有 2017/01/22 18:30 東京文化会館大ホール)


outofnice at 00:32

February 08, 2017

王の愛妾と奴隷の不貞を描いた同名のバレエのストーリーは全く追っていない。勅使川原三郎がルルベで腕を高く伸ばし身体を長く見せるようなポーズをとったり、エキゾチックな舞踊に見られるような指先を強調した動きをしたり、その指を頰から自身の身体を這わせたり、最後に10秒足らず佐東利穂子と絡んだりするところに若干のエロティシズムとバレエへのオマージュが垣間見らえる。また、要所要所で激しい波音が入り、テシガーラ&サトー版の『シェラザード』は、リムスキー・コルサコフの交響組曲同様、海がモチーフではある。しかし、バレエを観慣れて、音楽に聴き馴染みのある者をも、先入観から解き放ち、徹底的に自由に、純粋に、音楽に寄り添った作品となっている。

彼らは、旋回しながら流れるように縦横無尽に動くのが特徴だが、今作では立ち位置を固定した動きを多用しているところに面白みがあった。勅使川原は目に見えない“気”を取り入れているようであり、空気を切って結界を張る祈祷師のごとく、実に力強い。佐東はフラメンコのように、ステップを踏む。ニュートラルな表情が多い彼女が鬼気迫る形相である。場所が固定されている分、観客の目は彼女の身体に集中する。四肢と体幹それぞれの筋肉が個別に螺旋を描くように動いている。「ああ、この人はまた一段高みに昇っていくのだな」と感じずにはいられない。佐東が海の渦に巻かれ、消えてしまう。波際に打ち寄せられた男=勅使川原は何度スポットが当たっても目を覚まさない。美しい最後であった。

 (吉田 香 2017/01/07 20:00 カラス アパラタス)


jpsplendor at 23:40

November 09, 2016

初演から30周年。今年4月に亡くなった、東京バレエ団代表佐々木忠次氏の追悼公演を兼ねている。上野水香の顔世御前が素晴らしかった。上野の身体性ならではの、胴体と連動させずに高く脚を上げる、二次元のようなポーズの連続が表現に結びつき、自らの哀しみをまるで他人事のように語っているようだった。感情と行動に距離があるようで、ゾクリする恐ろしさがある。顔世は桜の枝を通じて、一番最初に由良之介の存在に気付く人物。塩冶判官の亡霊が属するあの世と、由良之介の属するこの世の境目にいる「存在の危うさ」が、上野のもつ不思議な魅力に合致していた。顔世御前という役の奥行きを、演じ手が深めたと言えるのではないだろうか。おかるの川島麻実子は、片足を内股に入れてから外股に開く際、脚の移動につられて動く身体の捻りが可憐で、傷つきやすい感受性の強さが感じられた。喜び、悲しみ、諦めといった感情がストレートに現れ、顔世と対照的。宮川新大の勘平とも息が合い、こちらも役に説得力があった。主演の柄本弾は四十七士を引っ張る押し出しの良さがあり、一幕最後の長いソロでは緊張感の緩みなく踊りきった。岡崎隼也は食わせ物の伴内を飄々と踊り、ベテラン木村和夫の高師直はいかにも憎々しい。幕開きに踊られる現代の若者のダンスは、力強くしなやかに踊るカミテ手前のダンサーに目が釘付けになった。13日は上演前に花柳壽應、夏山周久、藤堂真子、田口道子(司会)によるトークショーが開催された。
(隅田有 2016/10/13 19:00 新国立劇場中劇場)


outofnice at 21:30

August 03, 2016

アップデイトダンスの開始から3年となる2016年6月は、ひと月で三つの新作を続けて発表するという強行軍だった。『春と修羅』『トリスタンとイゾルデ』に続いて、そのトリを飾った『白痴』(ドストエフスキーの小説がモチーフ)は、“今”を更新し続けるアップデイトダンスの本質を突く、忘れがたい公演となった。

勅使川原三郎は大きめのジャケットをはおり、背を丸め、体の前で両手を握って、ちんまりと佇む男(主人公のムイシュキン公爵)。ノスタルジックな音色のワルツが流れると、夢のような、目眩く世界が展開する。佐東利穂子は珍しく”華麗”にバレエのように踊って男を魅了するナスターシャ。勅使川原は不器用に体を揺らして彼女に近づくが、どうしてもすれ違ってしまう。佐東にはいつもはあまり見せないフェミニンな美しさにハッとし、勅使川原が演じる馬鹿がつくほど良い人には、可笑しさと愛おしさが湧いてくる。

狂ったような引き笑いや不協和音をバックに、作品名から想像するような強迫観念に苛まれている動きがあったが、むしろ作品を支配していたのは、爽快感だ。後半に、ジャケットを脱いで白のシャツとパンツになり、胸元を開け、袖をまくると人格が入れ替わったようになる。思わず縦ノリしてしまうクラブミュージックに合わせて激しく踊るソロは秀逸だった。というのは、作品を連続して発表することで、日増しに彼らが乗ってきていたのを感じており、それが爆発したような、その集大成がこのソロだったからである。また作品全体としても、音や照明の組み合わせが絶妙でピタリとはまり、抑えようにも抑えられない創作の欲求が表れている。その興奮は観客にも波及して、微笑んでしまう程だった。勅使川原のパフォーマンスには毎回圧倒されるのだが、彼の興奮をシェアする感覚は初めて味わった。ベテランであっても、常にハングリーに“今”と向き合い、表現し続け、更新し続ける。それを目撃し、演者の興奮をもシェアする。まさにアップデイトダンスの醍醐味ここにあり、という公演であった。

(吉田 香 2016/06/23 20:00 カラス・アパラタス)

jpsplendor at 15:03

July 25, 2016

 《コッペリア》は、ドイツ・ロマン派の作家、E・T・A・ホフマンの奇怪な幻想小説を原作にしている。だがバレエには不気味な要素はほとんど感じられず、ドリーヴの甘くキャッチーな音楽に乗せて、様々な踊りで観客の目を楽しませてくれる。演奏はロイヤルチェンバーオーケストラ、指揮は冨田実里。

 今回、特に観客を沸かせたのは、ゲストで、ドイツ国立デュッセルドルフ歌劇場・デュイスブルク歌劇場バレエ団ソリストの中ノ目知章(フランツ)。安定した技術と貫禄、背が高く恵まれた容姿で、他の男性ダンサー達と一線を画し、村の若者のリーダー的存在という性格を印象づけた。

 美術と衣装はピーター・ファーマー。色鮮やかな衣装で、特に1幕のマズルカとチャルダッシュの群舞を盛り上げた。1幕の山間の湖畔の村を描いた背景もため息が出るほど美しい。一方、コッペリウスの家が、外から見たひなびた家(1幕)と、人形達が並ぶだだっ広い屋敷のような内部(2幕)との間に少々ギャップを感じた。また、3幕の鐘もクリスマス・ベルのようであった。

 スワニルダを演じたのは、初役の西川知佳子。緊張していたのか、3幕のパ・ド・ドゥで、パートナーに頼らずに立つ位置を見つけられないまま終わってしまったように見えた。だがそれよりも、そのことを打ち消すかのような「ブラボー!」の絶叫の方が興醒めだった。ベテランのバレリーナでも常にベストの状態を保つのは難しい。まだ若いし初めての大役を最後まで踊り切ったのだから、今後に期待したい。

 その他、「戦い」の土方一生のはつらつとした踊り、「祈り」の阿部碧の落ち着いた踊りと見た目の美しさが印象に残った。もちろん、ベテランの本多実男が演じた孤独なコッペリウスも忘れてはならない。

 なおあまり注目されないが、バレエ《コッペリア》の舞台はポーランドである。これは原作者のホフマンが一時期、ポーランドに滞在していたことと無関係ではないのかもしれない。

(平野 恵美子 2016/07/24 15:00 文京シビックホール 大ホール)

emi_hirano at 17:20

July 18, 2016

新国立劇場バレエ団のプリンシパルに昇格したばかりで進境著しい奥村康祐が、このシーズンで初めて『アラジン』に主演した。意気込みの表れだろう。例え中央で踊っていない場面でも、丁寧に細かいところまで作り込んでおり、彼から目が離せなかった。ステップやジャンプに気負いがなく終始踊りに余裕があるので、演技が自然でユーモアと活力に溢れている。なにより踊りを全身で楽しんでいる姿に観客全体が引き込まれている空気があった。 いつものことながら相手役のサポートには愛が感じられて好ましい。
その相手役のプリンセスには米沢唯。こちらもまたテクニックに隙がなく、フォームが端正、かつ演技が瑞々しい。なかでも、ハマムに忍び込んだアラジンに彼から受け取ったリンゴを渡し、一瞬にして恋に落ちるデュエットは美しかった。パッと顔が華やぐところなど、以前よりも表現力が豊かになったと感じる。
奥村のアラジンは、幕開きから徹底して可愛らしくやんちゃな少年で、特に母親との掛け合いには心が温まる。本来、ハマムに忍び込んだ罪で裁判中に立派な男性へと変貌を遂げ、周囲の信頼を得るはずなのだが、その段階ではまだ“へなちょこさ”が残っていた。華奢な体型に加え、若干体幹が弱いことも影響しているのだが、「最後まで少年のままで行ってしまうのか…」と不安が過ぎった。しかし、ここから加速度的にたくましくなり、最後の大団円とカーテンコールでは男気が前面に出ていた。ギャップで魅せる心憎い演出であった。
近くで見たら子供が泣き出しそうなくらい大迫力のランプの精ジーン(福田圭吾)と魔術師マグリブ人(マイレン・トレウバエフ)、別日には主演を務めるルビーを踊った奥田花純等、同バレエ団らしいレベルの高いダンサーたちが脇を彩った。
以前の公演に比べて、一人の人間の冒険と成長の物語が、心から楽しく、かつ繊細に描かれ、あっという間に終演となった。同バレエ団の数少ないオリジナル作品だけに、この好演は価値のあるものだろう。

(吉田 香 2016/06/19 14:00 新国立劇場オペラパレス)


jpsplendor at 11:39

July 07, 2016

リヒャルト・ワーグナーによるオペラ『トリスタンとイゾルデ』からの抜粋「愛の死」をベースにしている。幕開き、いつものごとく完全な暗闇になったところからうっすらと勅使川原三郎の姿が浮かび上がる。上手前方で立て膝をついて座り、悠然と観客を見据えている。暗がりで表情は見えないながらも凄味があり、緊張感がみなぎる。他の作品でもそうだが、勅使川原がこうして床に”佇む”姿には得も言われぬ味わいがある。

勅使川原と佐東利穂子それぞれにスポットが当たる、あるいは床に照明が十字を描かれる等で、動きが制限される。うねるように交錯し続け、“愛”をテーマにしつつも、二人は一切交わることがない。決して成就することのない愛。我慢してきた後だからこそ、クライマックスが効果的だ。佐東がいつになく激しく、汗と息を飛ばして旋回する。そして、恍惚として前に歩み出て立ち尽くし、上気した顔で真っ直ぐ見つめる。彼女にしては珍しい、自分を晒すような表情に心を打たれた。終演後に佐東自身が語っていたように、この音楽に身を置ける幸せを感じているのが明らかで、その様子を隠さない彼女が実に新鮮だった。緻密な演出の合間にこうした即興とも言える自身を晒す行為を交えることで、作品がより一層見応えのあるものになった。

二人は引き離され、冒頭のように勅使川原が上手前方に座る。その後、彼は上着を脱ぎ捨てて去ってしまう(=昇天)。喪に服すかのように、置き去りにされた上着をかぶり悲しむ佐東にはただならぬ迫力があった。

セットや小道具を一切使わず音楽と自らの身体のみで、ここ荻窪の小さなスタジオに壮大な愛の世界を現出させていた。

(吉田 香 2016/06/14 20:00 カラス・アパラタス)


jpsplendor at 12:26

May 16, 2016

大植真太郎、森山未來、平原慎太郎の三人によるダンス。国内ツアー約30回を経ての、パルコ劇場での千秋楽を見た。大植、平原らによるC/Ompanyの作品は、これまで何度か見てきたし、ダンサーとしての森山は、シェルカウイ『TeZuka』やインバル・ピント『DUST』で、その力量に驚いていたが、果たして今回は男3人でどんなダンスを見せるのか。客席はいつものコンテンポラリーダンス観客層とは異なり、リラックスした雰囲気で賑わっていた。幕開け早々、言葉を発しながら動く森山のしなやかさと強靭さに惹かれたが、そこに飄々とした平原、武骨なマッチョ大植が入り、彼らの動きが広がっていく。基本はコンタクトインプロビゼーションだろうが、彼らが動くと、ときにプロレスや組体操のようにもなり、そこにアドリブや素の言葉が漏れ、ナンセンスなシーンが挟み込まれ、動き自体で客席から笑い声が起こる。実は、今までのC/ompanyでは優れた男性ダンサーが同じように動き言葉を発していたのだが、その同質性ゆえか彼らの世界で完結してしまい、時として観客は蚊帳の外に置かれるような気持になったものだ。しかし今回は、三人が異なるキャラ、身体性の持ち主ゆえに、常に三角形が閉じることなく開いている。もちろんみな優れたダンサーなので、単なる筋肉自慢の技ではなく、一つ一つの動きが流麗でラインも美しい。笑いを取るために嵌め込まれた台詞やシーンではなく、動きから生じる絶妙な間であったり、戸惑いや思い切りの身振り、観客の期待とズレが、自然と観客の笑いや共感、驚きを呼ぶ。三人の同質性ではなく多様性、個々に異なるダンサーとしてのクオリティの高さを活かしたゆえだろう。客席には幼児から中年まで多様な笑いに溢れつつ、動きや映像と人形、白墨を用いた演出の見事さにどよめいたりしながら、彼らの新しい“談ス=ダンス”を楽しんでいた。(稲田奈緒美 2016/05/08 14:00 パルコ劇場)



inatan77 at 13:55

まったくの無音の中、勅使川原三郎と佐東利穂子の踊りが始まる。足音や呼吸音さえも消した舞台で、ゆったりと動く勅使川原はまるで通奏低音のように、滑らかに動く佐東が旋律のように見え、バッハのオルガン曲のフレーズが聞こえてくるかのようだった。もちろん、二人は規則的なリズムで“まるで音楽のように”動いているのではない。よって、筆者に聞こえてくるフレーズは繰り返されたり、途切れたりと音楽として構成されているわけではない。途中、何度か照明が変わる。薄明りの中、シルエットとして浮かび上がる二人の姿のなんと美しく澄んでいること。シアターカイで毎年公演を続け、その空間を知り尽くした勅使川原ならではの照明だが、毎回新たな空間の表情を見せてくれる。さらに見続けていると、バッハの音楽はやみ、二人の呼吸から生まれる動きから、つまりは視覚が観客の身体内部に呼吸という波動を送り、そこから音楽が聞こえてくるかのように思えてくる。視覚と聴覚とプロプリオセプション(固有受容/固有感覚/体性知覚)が同化したような目くるめく感覚。ダンスの新たな可能性を、またひとつ切り開いてくれた。(稲田奈緒美 2016/05/04 シアターX)



inatan77 at 13:54
記事検索