レポート

August 02, 2017

11月に予定されているモーリス・ベジャール・バレエ団の来日公演に先立ち、記者会見と映像上演会が催された。芸術監督のジル・ロマンと、バレエ団で長年活躍するダンサー那須野圭右がゲストとして登場。ベジャールと過ごした日々を振り返りつつ、来日公演で上演される演目の紹介や、現在のカンパニーの様子が語られた。さらに後半は、過去の来日公演を振り返り、懐かしい顔ぶれが次々と登場する記念映像が上演された。 続きを読む

outofnice at 12:10

June 05, 2017

DSC_0010DSC_0006DSC_0001 谷桃子バレエ団の《コンテンポラリーダンス・トリプルビル》の制作発表と作品の公開リハーサルが行われた。バレエ団代表の赤城圭の短い挨拶があり、ただちに3作品のショーイングとなった。最初の島地保武作品『セクエンツァ』は、イタリアのルチアーノ・ベリオの音楽を使った激しい動きを多用した抽象的なダンス。佐藤麻利香、吉田邑那ら、島地の選んだダンサーたちが、彼の創る動きに体当たりした。バレエ的な動きも多く使われていて、バレエ団になじみやすいコンテンポラリー作品になりそうだ。それに対して柳本雅寛作品『Nontanz』は、松本じろの音楽を使ったコンテンポラリーの動き一色のダンス。これに三木雄馬、安村圭太、牧村直紀ら男性陣と女性の若手が懸命に取り組んだ。そして最後の広崎うらん作品『peches ペシュ』(注:pの後の[e]はaccent circonflexeが付いています)には、バレエ団代表の赤城圭をはじめ、尾本安代、睇尚子、伊藤範子、斎藤拓らの幹部を筆頭に、トップのダンサーたちはもちろん、中堅、若手までが幅広く出演した。ドラマの断片が次々と現れ、ダンスの渦の中で浮き沈みした。どの作品もまだ創作の途中にあり、細部のつめはこれから。ダンサーたちの熱心な取り組みがこのリハーサルではすでに形となって現れていたので、7月2日の本番にはこれまでの谷桃子バレエ団にない何かが出現しそうな成り行きだ。

 制作発表会見となり、振付者の3人の他に、芸術監督の睇尚子をはじめ、島地作品の創作アシスタントの酒井はな、柳本作品の音楽担当の松本じろ、谷桃子バレエ団幹部ら関係者がずらりと並んだ。まず芸術監督の睇瑤ら、これまで古典中心の公演を行ってきた谷桃子バレエ団がどうしてこのようなコンテンポラリーの公演を意図するに至ったかの説明があった。新しいことに挑戦して、特に若いダンサーたちの参加意欲をかきたてることを考えたようだ。意外に新しいことのお好きだった谷桃子先生のご意向にもかなうものではないかと、睇瑤聾譴辰討い拭

 三人の振付者の選定は、酒井はなとの古くからのお付き合いのつながりで島地保武、谷桃子バレエ団出身の黒田育世を通じて親しくなった柳本雅寛、制作担当のアンクリエイティブの紹介で広崎うらんということになったようだ。振付者は三人三様にバレエとの関わりを楽しんでおり、どんな結果が出るのか期待が持てる。芝居の舞踊場面を担当することの多い広崎とは、演技者として独特の味わいを持っていた谷桃子につながる何かが出て来そうな気配もある。

 この公演は、葛飾区のかめありリリオホールで行われる。葛飾区文化施設指定管理者との共催、葛飾区と葛飾区教育委員会の後援だ。寅さんの故郷の柴又に近いところで、谷桃子バレエ団への関心の度合いが高まることも考えられそう。評判が良ければコンテンポラリー作品公演のシリーズ化もあるかもしれないとのことだった。この5月に新たに芸術監督に就任した睇尚子の、かじ取りに注目しよう。(山野博大 2017/5/30 13:30 等々力・高田アートスペース)DSC_0004DSC_0014



inatan77 at 03:37

May 02, 2017

2017年2月27日、日本における創作バレエの歴史に、『美女と野獣』『城砦(とりで)』『リチャード三世』『オンディーヌ』『求塚』など、数々の名作バレエを残した横井茂さんが亡くなった。

横井さんは1930年5月24日、宝生流17代目家元の宝生九郎を父として生れた。1946年の東京バレエ団による『白鳥の湖』全幕日本初演の舞台を見てバレエを志し、1948年に小牧バレエ団に入団した。1949年4月9〜24日に東京バレエ団が帝国劇場で第6回公演を行った時の『シェヘラザード』で初舞台を踏んだ。以後、小牧バレエ団の全公演に出演するが、1951年に退団し、広瀬佐紀子、笹本公江、日高淳、太田招子らと共に、東京バレエ協会を結成した。1955年1月10日に行われたその第1回公演で『ジゼル』を広瀬佐紀子と踊り、切れ味のよい演技が注目されるようになった。

1957年6月27日、横井茂・太田招子バレエ団の結成公演で『美女と野獣』を太田招子と共に振付け、振付者デビューを果たした。この作品は、野獣の住みかをはじめとするさまざまな情景を、すべてダンサーのからだを組み合わせて作るというアイデアのおもしろさと構成の確かさで高く評価された。

1953年2月、テレビジョンの本放送が始まり、番組に舞踊が取り上げられることが多くなったことで、横井さんをはじめとする若手舞踊家たちは、多忙を極めた。そんなテレビの仲間などを集めて彼は東京バレエ・グループを結成し、1960年11月24日にその第1回公演を東横ホールで行った。そこで上演した横井茂振付『城砦(とりで)』が芸術祭奨励賞を受賞した。これ以後、創作バレエを発表し続けた横井茂と東京バレエグループは、毎年のように芸術祭賞を受賞することとなり、彼は「芸術祭男」とはやされた。その過程で彼は、シェイクスピアもののバレエ化を『ハムレット』『リチャード三世』『マクベス』『オセロ』『リア王』『ロミオとジュリエット』と行い、独特の作風を固めた。

彼の作風は、バレエのテクニックをベースにしながら、新しいジャズダンスなどのテクニックやリズム感も取り入れ、日本の古典芸能を思わせる夢幻の世界を出現させるというものだった。作中の人物像がしだいにくっきりと描き出されてくる独特の味わいが見る者の心に響いた。

1967年12月20日、横井さんは文部省派遣の第1回在外芸術研修員としてアメリカ、ヨーロッパへと旅立った。海外での経験は、その後の彼の作品の幅を広げたが、根にあたるところの変化はなかったように思う。

日本のバレエ界では、1950〜60年代に創作活動が活発になったが、バランシン、ロビンズ、プティ、ベジャールらの作品の日本での上演が増えるにつれて、日本人作家の新作への関心度は低くなった。しかし東京バレエ・グループは、1995年4月30日の第33回まで途切れることなく公演を続けた。第33回はパナソニック・グローブ座で行われ、『リア王』と『夕映えに』を横井茂と新井雅子の振付で上演した。それを踊ったのは、新井雅子、安達悦子、稲村真実、三谷恭三、堀内充、中島伸欣、柳下規夫、片岡通人ら。美術の藤本久徳、照明の沢田祐二、衣裳の田代洋子ら気心の知れたスタッフとの仕事が変わりなく行われた。横井さんの東京バレエ・グループの35年間は、どこまでも作品を発表し続け、日本発の創作バレエの確立を目指すものだった。

1982年2月19日、舞踊作家協会が設立され、その第1回公演を虎ノ門ホールで行った。そこで、若松美黄が『どぶろく』を、石田種生が『マイセルフ』を、小川亜矢子が『パ・ド・シス』を、アキコ・カンダが『晩歌』を、雑賀淑子が『台所のバラード』を、藤井公が『海を見ている馬』を、庄司裕が『冬の子守唄』を、そして横井茂が『ウィーン・ウィーン・ウィーン』を発表した。彼らは、日本の創作洋舞運動の中枢に位置する人たちであり、以後もティアラこうとう小ホールを拠点として、その後継者たちが息長く公演活動を続けている。横井さんはその代表として終世、創作舞踊活性化の運動に関わったのだった。

横井さんは、その生涯を日本の創作バレエのために捧げた。最近、日本のバレエ・ダンサーの技術水準は世界の一流に伍して行くほどに向上してきた。しかし「創作」の面では、残念ながらまだ世界に追いついていないのが実情だ。日本のバレエの歴史は、1920年にロシア革命に追われて来日したエリアナ・パヴロバがバレエを教えはじめてからのもの。カトリーヌ・ド・メディシスが、1581年10月15日に『王妃のバレエ・コミック』を催してから400年以上の年月を経ている西欧のバレエと、やっと100年の日本の差は、歴然たるものがある。しかしいつの日か、世界に日本のバレエの存在が認められる日が来るだろう。横井さんの生前のたゆみない創作活動が、その実現を早めるために役立つものであったことを忘れてはいけない。彼の生涯かけた献身に感謝し、その安らかな永遠の眠りを祈る。

合掌

(山野博大) 続きを読む

outofnice at 10:19

April 11, 2017

オーディションによって選ばれた22歳以下の若手ダンサーで構成され、リハーサルから本番まで、プロフェッショナルな環境で舞台を作り上げてゆくKバレエ ユース。総監督・熊川哲也による2013年の創設以来、これまでに、同年の第1回記念公 演『白鳥の湖』、第2 回公演『トム・ソーヤの冒険』(2015年・世界初演)を上演してきた。そして、過去2度の舞台で古典とオリジナル作品の双方を経験した彼らが、次回の第3回公演では、大作『眠れる森の美女』に臨む。現在も厳しい練習を重ねる中、先月、ユースとしては初の試みである公開リハーサルが行われ、プロを目指す踊り手たちの成長著しい姿に触れることができた。

続きを読む

piyopiyotamaki at 19:25

March 04, 2017

Noism01の近代童話劇シリーズvol.2『マッチ売りの話』+『passacaglia』さいたま公演に先立ち、2月9日のゲネプロを見た。異なるタイプの二つの作品を休憩を挟まず続けて上演することで、二つの世界に広がりが生まれた。続きを読む

outofnice at 17:57

June 26, 2016

 624日(金)、《ジゼル》東京公演の休憩中に、英国ロイヤル・バレエ団(以下、RB)から日本での教育プログラムについて記者発表があった。ケヴィン・オヘア芸術監督と教育部門担当デヴィッド・ピカリングが、少数の舞踊批評家・ジャーナリストに直接語りかけた、というよりロビーでの囲み取材のようなものだったので、周囲の雑音であまり聞き取れなかったのだが……わかる範囲でレポートする。DSC_0590

続きを読む

inatan77 at 16:33

May 26, 2016

 笠井叡さんが舞踊批評家協会賞の受賞を辞退したと聞いて、とっさにこのままにしてはおけないと思いました。そして知っている限りの協会に属さない批評家、専門紙誌の記者等の方々に呼び掛け、4月10日に澁谷の貸会議室で「舞踊批評家の集い」を開催しました。緊急の呼びかけだったにもかかわらず、当事者の笠井さんをはじめ、20数名の方々が参加してくれ、率直に意見を交しました。その時のあらましは、THE DANCE TIMESの4月16日のレポートの通りです。

 出席者の発言の中には、憶測に基づくものがあったにもかかわらず、そのままを書いてしまったために、舞踊批評家協会賞の選考の模様等につき、誤った情報をお届けする結果となりました。私のチェックが行き届かなかったために各方面にたいへんなご迷惑をおかけしました。心よりお詫び申し上げます。

 舞踊界では、舞踊批評家のほとんどが舞踊批評家協会に所属していると思っている人が多いようです。私も、何人もの舞踊家から「笠井さんのことはどうするの?」と聞かれ、「会員ではないから知らない。どうなるのでしょうね」と答えるしかありませんでした。「集い」に参加してくださった方々からも同様の声があがり、そのような一般の認識とのずれを改めるには、協会に多くの批評家が参加して現状を改革するしかないのではないかということに話が進みました。そして協会へ入ってもよいという人を募ることになり、後日私宛に郵便又はメールで連絡してもらうことにしたのです。しかし、協会へ入ってもよいという人はわずか数名にとどまりました。入会のご決意を示された方にはまことに申し訳ないことながら、この人数では思い通りにことを運ぶことが難しいと判断し、協会への働きかけは取りやめることにしました。

 今年の舞踊批評家協会賞の贈呈式は4月23日にNHK青山荘で行われました。例年通りお招きを頂いたので、出席させてもらいました。当日配られたパンフレットに、小さな字で笠井さんが受賞を辞退されたと断り書きが載っていました。彼の辞退の理由に対する協会の姿勢は不明のままに、式はとり行われました。

 舞踊批評家協会賞の贈呈式では、まず受賞者の名前が披露され、協会員が立って賞を贈ることになった理由をたっぷりと時間をかけて説明し、賞状を渡します。そして受賞者が受賞の感想を語るという段取りになっています。このやり方は協会設立の頃から変っていません。

 賞を決めるために、年間3回、事前の会議を行います。会員ひとりひとりが賞の候補を持ち寄り、ここで意見をたたかわせます。そうしてとりまとめた年間の候補者の中からその年度の賞を選び出すのです。このやり方も変わっていないということでした。

 受賞者の発言は、お礼に終始する紋切型、舞台の模様を詳しく話す説明型、今後の活動の意気込みにまで話が及ぶ情熱型などさまざまですが、いずれの場合も賞を貰ったことの喜びに嘘はなく、聞く者にひとりひとりの「嬉しさ」がじかに伝わってきました。賞を受けたことが次の飛躍につながりそうだと思わせる場面にも出会いました。

 この賞は、1970年の第1回から今回の47回まで、途切れることなく贈り続けられています。今年が66回目となる芸術選奨・文部科学大臣賞、64回目の東京新聞・舞踊芸術賞に次ぐ歴史を重ねているのです。受賞者が貰って「嬉しい」と感じるのは、この歴史の重みによるものでしょう。尊敬する先輩が貰った舞踊批評家協会賞を、こんどは自分が貰うのだと思ったら、文句なしに嬉しくなるはず。少ない会員数で「よくやっている」と正直思います。

 この賞の持つ重みを協会の皆さんがよく認識して、いっそう舞踊家のやる気を高めて行ってくださることを期待します。軽々しい授章理由を発表したことで、笠井さんを困惑させたことをまず率直に反省し、それを何かのかたちで発表して協会の信用を取り戻してください。(2016/05/24 山野博大)



inatan77 at 08:37

May 11, 2016

いよいよ今月末に迫ったKバレエ カンパニー『白鳥の湖』のオデット/オディール役で、初主演を果たす矢内千夏。入団1年目で熊川哲也ディレクターに認められ主役の座を射止めた、まさに期待の新星だ。弱冠19歳での抜擢は、カンパニー史上初という快挙でもある。本番を約1ヶ月後に控えた4月某日、今、大注目のバレリーナを取材した。

 

DSC00180 2――この度は初主演おめでとうございます。今のお気持ちは?

りがとうございます。今回、すべてが初めてなので大変ですが、楽しいです。

 ――主役が発表された時はいかがでしたか?

 3月上旬頃に知らされたのですが、とにかく驚きました。全然実感も沸きませんでしたし、感動する前に、何かの間違いなのではないかと思ったくらいです( )

 ――これまで『白鳥の湖』を踊られたことは?また今回リハーサルを通じて感じたことを教えてください。

 黒鳥のパ・ド・ドゥは以前1度だけ踊ったことがありますが、オデット(白鳥)は全く初めてです。技術的な部分で言えば、終始身体のコントロールを利かせなければならないのが大変ですが、なにより役柄の内面を出してゆかなければいけないのがこれまでになかった経験なので、難しいですね。

出会いのシーンなども、最初は固く考えすぎて、「止まらなきゃ」「ポジションがずれちゃだめだ」など、技術的なことにとらわれていたのですが、ようやく今、少しずつ役柄の感情に没頭できるようになってきたと思います。

 ――表現を掘り下げる段階にきているわけですね。

はい、もっともっと追求しなくてはいけません。

 ――白鳥と黒鳥、どちらが演じやすいですか?

周りの方からは、オデットのほうが複雑かつ繊細で難しいということを聞いていたのですが、自分としてはオディール(黒鳥)のほうが演じづらいです。強い役ですが、大げさにやればいいというものでもないですし、誘惑する心なども自分の中にはまだ持ち合わせてないので…()。オデットのほうが共感できる部分がありますね。

 それは具体的にどのような部分でしょう?

オデットはジークフリードに出会い運命を感じるわけですが、踊っていているとそれがすんなり納得できるんです。それに、最初は怯えていて、徐々に心を開いてゆくという気持ちの変遷にも共感しますね。

 ――普段、心がけていることは?

感情が入りやすくなるので、リハーサルが始まる前に何度も音楽を聞くようにしています。

何もしないで急に踊ると100%集中することが難しいので、習慣にしています。

 ――今回のパートナーは宮尾俊太郎さんですね。

最初に組んだとき、「こんなに踊りやすいんだ!」とびっくりしました。テクニックの部分で、出来ないことはほぼ教えていただいていますし、表現に関しても、リードしてもらえるので断然演じやすくなりました。宮尾さんは視線の使い方などもすごく上手で、細かい部分まで教わっています。

 ――ソロパートは、荒井祐子さんが直々に指導されていると伺いました。

観客として初めて祐子さんの白鳥を見たとき涙が出るほど感激し、それがこのカンパニーに入りたいと思うきっかけにもなりました。本当にきれいで、全部がお手本。今、とても幸せな環境だと思います。

 ――熊川版『白鳥の湖』の魅力は?また、好きなシーンも教えてください。

物語がすごく伝わりやすいところです。振付も、感情が出しやすいものになっているように感じられますね。好きなシーンは、ジークフリードとの出会いの部分。最初は難しかったですが、気持ちが入るようになってからは、その情景に自分が実在しているように感じられてきました。

 

矢内千夏 2――それでは、矢内さんご自身のことについて伺います。バレエは何歳から始められましたか?

5歳の時に母の知人の発表会DVDを見ていたら、「やってみる?」と聞かれて。なんとなく「うん」と答えました()

 ――ジュニア時代は数々のコンクールにも挑戦されていますよね。

コンクールには小学校6年生くらいから出場しました。私、ポアント(トゥ・シューズ)を履き始めたのもほぼ同じ年で、練習を始めてすぐにヴァリエーションを踊っていたんです。

 ――それは凄い!もうその時既にバレリーナになろうと思っていたのですか?

それが全く…。そもそも、ダンサーになりたいと思ったのがすごく遅かったんです。コンクールも、先生が薦めてくださらないと出なかったですし、賞をいただいても、それほど真剣に考えていたわけではなく…。高校に入ってからも「憧れるけど、まあ無理だろう」と思っていました。「バレエを踊っていて楽しいからそれでいいや!」って()。そんな時、先生から「あなたダンサーにならないの?」と聞かれて、やっと「ああ、そういう選択肢もあったのか」と考え出したくらいです。

 ――Kバレエ スクールにはどのような経緯で入学されたのでしょうか?

 高校3年生の時、「試しにいろんなオーディションを受けてみたら?」とアドバイスをいただいて、それならばずっと憧れていたところに、ということでKバレエ カンパニーのオーディションを受けたところ、スクールのお話をいただいて。入学してからは「カンパニーに入りたい!」と強く思うようになりました。

 ――スクールでの毎日はどうでしたか?

 今までとはまったく違った環境で、とても充実していました。

 ――1年間学ばれて、見事、Kバレエ カンパニーに入団されました。

 入団は、スクールのパフォーマンス(『パキータ』のエトワール)を見て決めていただきました。発表されたときは本当に嬉しかったです。憧れていた人たちの中で踊れることをとても誇りに思いました。

 ――入団直後に『カルメン』『白鳥の湖』と舞台を踏まれていますね。

 『カルメン』は、大人っぽい演目だったのでとても苦労しましたが、これまで見ていた場所に自分が立っているという感動はひとしおでした。『白鳥の湖』では、生まれて初めてコール・ド・バレエを経験しましたが、「今までやったことないんだから今すぐ学びなさい!」と色々ご指導い ただき、動きを揃えることの大変さを実感しました。

 ――12月の『くるみ割り人形』を怪我で降板された後、3月の『ドン・キホーテ』では初のソロも踊られました。

 『ドン・キホーテ』では、花売り娘と森の女王の役でした。花売り娘は、小林美奈さんと踊らせていただいたのですが、マイムなども相談しながら決めるなど、とにかく最初から最後まで楽しかったですね。ソロも、ジャンプなど自分の得意なことが多かったですし。

 ――これまでの中で、印象に残っている作品は?

 『ドン・キホーテ』は、カンパニーに入って初めてひとりで踊らせていただけた作品なので、とても記憶に残っています。プロとして絶対失敗してはいけない、舞台を台無しにしてはいけない、というプレッシャーもありましたが、レベルの高いダンサーやとびきり豪華な衣裳、装置など、これまでとは比べ物にならないようなステージで踊れることが夢のようでした。

  ――これから踊ってみたい作品は?

 『海賊』です。グルナーラ役がすごく好きなので、いつか踊れたらいいなと思います。

 ――最後に、読者の方へのメッセージをお願いします。

 初主演ということで気合も入っていますし、19歳という年齢を超えた技術や表現の深さを見せられるように精一杯がんばります!ぜひ会場までお越しください。

 

 朝は1番にカンパニーに来て、夜は最後まで残って練習、休みの日もバレエのことばかり考えている、という矢内。おっとりした物腰の中にもプロのダンサーとして、そして主演としての矜持が感じられるインタビューであった。日々、進化しつづけている大器のデビューにぜひ立ち会いたい。(取材&文  宮本珠希)

 

Kバレエ カンパニー『白鳥の湖』

201652529 日、6月2日(矢内千夏主演日は5月2718:30 2914:00

Bunkamura オーチャードホール

お問い合わせ 0332349999 (チケットスペース)

http://www.ints.co.jp/

公演詳細 http://www.k-ballet.co.jp

 

 



piyopiyotamaki at 19:14

April 25, 2016

2016411日(月)、東京のスタジオ・アーキタンツにて、ダレン・ジョンストン演出・振付による『ゼロ・ポイント』の制作発表が行われた。ジョンストンの他、高知県立美術館館長・藤田直義、ダンサーの酒井はな、島地保武が登壇し、その後、公開リハーサルが行われた。本作は、高知県立美術館でジョンストンが2013年にアーティスト・イン・レジデンス(AIR)を行い、その成果としてロンドンのバービカンシアターで行われたショーイングの好評を受けて実現したもの。これから東京(アーキタンツ)での滞在制作によって新たなメンバーと共に作品を創り上げ、初演を62526日に高知県立美術館ホールで行った後、20172月には、オーストラリアのパース国際芸術祭で、5月にはロンドンのバービカンシアターで上演される予定である。作品の内容についても、地方でのAIR事業の成果としても興味深いので、この2点についてレポートする。

続きを読む

inatan77 at 17:24

April 24, 2016

東京バレエ団が4月29・30日に、ピエール・ラコット版『ラ・シルフィード』を上演する。今年2月のブルメイステル版『白鳥の湖』に続いて、芸術監督の斎藤友佳理氏による満を持しての第2弾である。主演は、29日が渡辺理恵&宮川新大、30日が沖 香菜子&松野乃知。若手を中心としたダブル・キャストだ。今回は、本番を10日後に控えた19日、同団スタジオにて行われた公開リハーサルと記者懇親会の模様をリポートする。


この日は、第1幕 を渡辺&宮川組、第2幕を沖&松野組が披露。全幕を通して、ダンサーたちは、人間の世界(第1幕)と妖精の世界(第2幕)という、ふたつの世界の対比や違 いを出さなければならない。「2組には、敢えてどちらかというと苦手なほうを踊ってもらいました。スタジオの地明かりで、皆さん(取材陣)の表情が分かる 中で自分の世界を作り出すことは、ダンサーにとって非常に酷なこと。だからこそ、今日の経験が舞台に立った時に自信に繋がると思います」と斎藤氏は言う。 リハーサルでは、ときに自らも踊って手本を見せながら、ステップや身体の角度などの細かい注意はもとより、「間を大切に」「(舞台上の)空気を止めない で」「ひとりひとり個性を出して」など、作品の持つ薫りや雰囲気を深く掘り下げていくような、熱のこもった指導が続いた。

  20160419-_8004933photo_Nobuhiko Hikiji のコピー 2度目のシルフィード役となる渡辺理恵は、ラインの美しいポーズや繊細なポワントワークが光り、詩的で、どこか儚げな雰囲気も漂う。この4 月にプリンシパルに昇格したばかりだが、「(プリンシパルという)名前に相応しい、芯を踊るダンサーになってきた」と斎藤氏。
懇親会で渡辺は、「今回のリハーサルは、前 回に比べると、またひとつ段階を踏んだところから始められたのがすごく良い経験でした。その上で、初めて踊る宮川君と組ませていただくことにより、ある意味慣れてしまわずに、もう一度ひとつずつ丁寧にステップアップできていると感じます。シルフィードにとって、ジェイムズの存在や彼に対する想いは一貫して繋がっていると思うので、そこを軸にしながら、後は柔軟に新大君と作っていけたら」と語った。
 
渡辺の相手役であるジェイムズの宮川新大は初役。「ジェイムズを踊るのに相応しい器です」と斎藤氏も太鼓判を押す通り、まず目を引いたのが、そのダイナミックかつ力強いテクニックだ。12歳 でジョン・クランコ・バレエ学校に留学し、ロシアやニュージーランドのバレエ団を経て、昨年ソリストとして入団した期待のホープである。(現在はファース トソリスト)実は、宮川と斎藤氏が出会い、東京バレエ団に入るきっかけとなったのもこの『ラ・シルフィード』であり、今回、彼が本作でジェイムズを演じることに、お互い運命的なものを感じているという。
「物語を通してひとりの主人公を貫いていくということがどれだけ大変なことかを感じています。1幕と2幕 の違いを表現するということに対してなど、今でも自分の中でまだしっくりきていない部分もありますし、毎日が自分探しをしているような感じですが、それは今までにない経験なので勉強になっています。スタジオでの時間は楽しいし、出来る限り突き詰めていきたい」と宮川。更なる進境が期待される。
 
20160419-_8005575 2幕を踊った沖 香菜子は、華やかな佇まいとコケティッシュな魅力で周りを惹き付けてゆく。軽やかな身のこなしや時折見せるチャーミングな表情も持ち味だ。斎藤氏からは、1度注意されたことをできるところまで追求し、次のリハーサルでは同じことを言わせない、努力家でとても頭のよいダンサー、と賞されている。
「私も今回、3年ぶりに(シルフィードを)踊らせていただくのですが、自分が以前踊ったものに、いかにプラスしていけるかというのが課題であり、それがまた成長できるチャンスでもあるので、本当にありがたいことだと思っています。この3年間でいろんな作品に触れていろんな先生方に教えていただいた経験を活かして、私なりのシルフィードを出していければ」と、溌剌と語ってくれた。

もうひとりのジェイムズ役、松野乃知の前回主演時は21歳。この3年の中で、彼自身に色々な変化があり、自分の感じるものも変わってきたという。もちろん、斎藤氏も意識の変化を目の当たりにし、それを忘れずに、この先も前に突き進んでいってほしいと願っている。
 「前回よりも理解できているのではないかという部分もありましたが、それでも、もっと深く追求していけたらいいなと思い、リハーサル中もそれ以外の時間も沖さんと話し合ったり、相談したりしています。友佳理さんには今回も本当にたくさんお世話になっていて、朝のリハのときから一緒になって踊ってくださったり、ジャンプの時に僕のことを持ち上げようとしてくださったり、とにかく熱心に教えてくださっています。しかもそれが分かりやすいし、たまにジェイムズの動きとかも見せてくださるんですけど、もう本当に素晴らしくて…。」と、信頼関係も盤石だ。
以前より大人っぽくなり、主役としての風格を備えた松野が、本番までにどのような進化を遂げるのか楽しみである。
 
20160419-_D4S1397 ピエール・ラコット氏やギレーヌ・テスマー氏から得た事をすべて伝えたい、との想いでリハーサルに臨んでいる斎藤氏。同団が作り上げるロマンティック・バレエの世界を存分に堪能したい。(撮影:引地信彦 取材&文:宮本珠希)
 


東京バレエ団 『ラ・シルフィード』
2016年4月29日、30日 ともに14時開演
会場:東京文化会館
チケット申込み:03−3791−8888(NBS チケットセンター)
http://www.nbs.or.jp/ (NBS WEBチケット)


piyopiyotamaki at 09:00
記事検索