December 02, 2019

【ダンス・タイムズがお勧めする 2019年12月公演】

ダンス・タイムズ編集部が選んだ2019年12月のお勧め公演やイベントをご紹介します。あくまでもメンバー個人の予想に基づいていますので、公演の内容を保証するものではありません。ぜひ、観客の皆さまが劇場へ行ってご確認ください。また、11月20日時点の情報を基にしていますので、日程、出演者、演目等が変更される場合もあります。完売の場合もありますので、事前にご確認ください。

◆名倉ジャズダンススタジオ《Spark x Spark vol.8》
12月6-8日(草月ホール)
◇名倉ジャズダンススタジオは、《CAN’T STOP DANCIN’》という大公演のほかに、2007年から《Spark x Spark》という会を毎年小さな舞台でやっている。ここでは、名倉のジャズダンスの小粋なステップの魅力に間近でお目にかかれる。この公演には”好きなこと やること 生きること”というサブタイトルが付いている。名倉加代子がほんとうにやりたいことを、しかと見届けたい。(山野博大)

◆勅使川原三郎・佐東利穂子『「忘れっぽい天使」ポール・クレーの手』
2019年12月12-15日(シアターχ)
◇コンテンポラリー・ダンスのファンは、往々にして抽象画が好きだ(と思う)。筆者もその一人であり、なかでもパウル(ポール)・クレーはお気に入りの画家であるから、勅使川原三郎がクレーを題材にした新作を上演すると聞いて喜んだ。タイトルの『忘れっぽい天使』は、晩年に病気で手が不自由になったクレーが鉛筆で描いた作品である。その天使に勅使川原は「魂の自由」を感じると言う。画家の商売道具である手の自由を奪われたクレーとその世界を勅使川原はどのように描くのだろうか。(吉田 香)


◆東京バレエ団『くるみ割り人形』
2019年12月13〜15日(東京文化会館大ホール)
◇新制作の『くるみ割り人形』と言えば、設定にひと捻り加えたり、演出に最新技術を駆使したりと、個性的なプロダクションが話題となるが、斎藤友佳理版はむしろ伝統を復刻させる演出・振付となるようだ。装置や衣装はモスクワやペテルブルグのアトリエに依頼し、主役の名前も「クララ」からロシア流の「マーシャ」に変わった。古典作品が再演を繰り返しながら徐々に変化していくのは、作品が生きている証拠であり、バレエという舞台芸術を長年見続ける醍醐味であるが、その後再び原点に戻るというのは比較的珍しい。斎藤の強い信念と研究者としての真摯な姿勢を感じるだけに、舞台の幕が上がるのが待ち遠しい(隅田有)

◆Noism1 + Noism0《森優貴/金森穣 Double Bill》
2019年12月13~15日、2020年1月17~19日(りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館・劇場/彩の国さいたま芸術劇場・大ホール)
◇長くレーゲンスブルク歌劇場ダンスカンパニーで芸術監督として活躍した森優貴が、今夏日本に拠点を移し、帰国後第1作としてNoismに新作を振り付ける。森は、音楽を巧みに視覚化した抽象的なコンテンポラリー作品から全幕バレエの改訂振付、ダンスオペラの演出まで手掛けることができる、スケールが大きく引き出しの多い振付家である。森が、高い身体強度を持つNoismのダンサー達にどれほど難易度の高い振付を与え、どこまで彼らの力を引き出してくれるのか期待したい。(折田)

◆いちやなぎ多鶴バレエ学園『REI*ISM  Catch me if you can』
2019年12月15日(アプラたかいし大ホール)
◇大阪を本拠地とするいちやなぎ多鶴バレエ学園。この学園の主軸として指導に携わる一柳 麗は、かねてより定評のあるその指導力のみならず、彼女の手掛けた作品がコンクールで入賞したり、外部団体から作品委嘱を受けたりするなど、近年、多岐に渡った活躍を見せている。今回の舞台は、ほぼ一柳の振付作品のみで構成されたマチネ&ソワレの豪華版であり、ベテランから新鋭まで、所属の垣根を超えた豪華ダンサー陣が共演。軽妙洒脱で音楽性に富む一柳のエッセンス=REI*ISMを、彼らはどのように抽出するのであろうか。濃密な舞台への期待が高まる。(宮本珠希)

◆現代舞踊協会《新進舞踊家海外研修員による現代舞踊公演》
2019年12月25、26日(新国立劇場小劇場)
◇現代舞踊協会が、次の時代を担ってもらおうと期待している池田美佳、工藤朋子、佐々木紀子が登場する。池田は、すでにはなやかな個性を認められ、多くの舞台を踏んできた。工藤は、鍵田真由美のところで踊るフラメンコの期待の星。佐々木は、二見一幸のところで創作を修行し、かなりの実績をあげている。三者三様の開花を拝見しよう。(山野)



outofnice at 05:52公演情報 
記事検索