April 01, 2019

【ダンス・タイムズがお勧めする 2019年4月公演】

ダンス・タイムズ編集部が選んだ来月のお勧め公演やイベントをご紹介します。あくまでもメンバー個人の予想に基づいていますので、公演の内容を保証するものではありません。ぜひ、観客の皆さまが劇場へ行ってご確認ください。また、320日時点の情報を基にしていますので、日程、出演者、演目等が変更される場合もあります。完売の場合もありますので、事前にご確認ください。

 

【ダンス・タイムズがお勧めする 2019年4月公演】


◆mami dance world(北村真実)『未来ノ水』

4月4〜7日(座・高円寺1)

◇1990年代から、激しい動きを重ねて作品を創り続け、そのトップを踊ってきた北村真実が、使い過ぎた脚の故障と折り合いをつけながら、まだ踊る。古くからの常連、新白石、ラビオリ土屋、古賀豊、伊澤百惠らに、新進の大前裕太郎、米沢麻佑子、津田ゆず香らを加えた舞台の行方を見届けたい。(山野博大)


◆NHKバレエの饗宴2019 

4月6日(NHKホール)

◇すっかり春の風物詩となった本公演は、国内有数のカンパニーが一同に会し、それぞれのレパートリーを披露する豪華なプログラムだ。本年は、東京バレエ団による『セレナーデ』、牧 阿佐美バレエ団の『ドン・キホーテ』第3幕、東京シティ・バレエ団の『Octet』と、いずれも定評のあるラインアップに加えて、大植真太郎と辻本知彦によるC/Ompanyが、コンテンポラリー作品『bolero/忘れろ』を上演。また、ヒューストン・バレエ団から、プリンシパルのカリーナ・ゴンザレス&吉山シャール ルイ・アンドレも出演し、同団芸術監督のスタントン・ウェルチ版『ロミオとジュリエット』からバルコニーのパ・ド・ドゥを踊る。平成最後に相応しい充実の舞台となるであろう。(宮本珠希)


◆ホフェッシュ・シェクター・カンパニー『ポリティカル・マザー』

4月6〜11日(オーチャードホール)

◇バットシェバ舞踊団で踊り、2000年代からロンドンで活躍するシェクターは、ダンサーで振付家、さらにミュージシャンでもある。シェクターが振付だけでなく作曲も担当した本作は、エレキギターとドラムの大音響が響き、リズムの変化で鮮やかに場面を展開させる。2010年の日本初演は絶賛された。ダンスそのものも面白いがメッセージ性も強く、観客を飽きさせない。このたびタイトルに“ザ・コレオグラファーズ・ カット”が加わった。KAT-TUNの上田竜也ほか3名の日本人キャストが出演する今回の公演は、新たな驚きがあるだろう。(隅田有)


◆勅使川原三郎/KARAS《アップデイトダンス》No.61『泉』

4月12〜20日(カラス・アパラタス)

◇佐東利穂子が初めて振付、演出、照明を担当し、自身が出演するソロ作品。最近は一人でも海外公演をこなすなど、パフォーマンスにおいては頼もしさが増しているが、振付、演出、照明という創作の能力に関しては、未知数である。これまでも勅使川原をサポートして来ただけに、満を持してという感もあるが、彼女が作品をまるごと独力でと聞いた時には、驚きがあった。しかし、ここ数年、ヨーロッパでは佐東への振付の依頼がすでにあったのだという。そして、今年6月に初振付作品のパリ公演が決まり、その前にホームのアパラタスで発表することになったのがこの『泉』である。しかも9月には、イタリアで、彼女が振付する別の新作の上演が決まっているというのだから、驚きだ。世界中から期待されている佐東が、振付家としての一歩を踏み出す瞬間に立ち会えることがとても嬉しい。(吉田 香)


◆《北海道舞踏フェスティバル》

4月19日〜7月14日(札幌市、余市町、美唄市、函館市、台湾・台北の各会場)

◇1950年代末から1960年代の日本で生まれた新しい舞踊ジャンルである舞踏は、今や「butoh」として世界に知られるようになった。様々な国で舞踏家が育ち、観客に支えられて舞踏フェスティバルが多数開催されているが、日本ではほとんどない。そのような状況を「もったいない」と考えて、北海道の若い世代たちが動き出した。舞踏を日本が誇る「文化遺産」ととらえ、2017年に「札幌国際舞踏フェスティバル」をスタートさせたのだ。実はこのようなプロジェクトを成功させた北海道には、舞踏の歴史がある。かつて1960年代末から70年代にかけて舞踏の第一世代、第二世代に舞踏を学んだダンサーたちが東北、北海道に移住して、その地で舞踏を根付かせており、そのレガシーを受け継いでいるのだ。ほとんど手作りで始めた舞踏フェスティバルが、2018年には「北海道舞踏フェスティバル」と名を変えて北海道の各地で開催されるまでに発展し(筆者も、レクチャーで招かれ地元の熱心な人たちと交流した)、今年は北海道内の4市町村と、台湾で開かれている「2019台湾國際暗黒舞踏節」(日本語で表記。Taiwan Darkness Dance Festival 2019)との提携公演も含めて、4か月にわたり舞踏公演、舞踏BAR(トークと実演中心のイベント)、ワークショップ、写真・絵画展が開催される。地域から世界へ向けて発信する舞踏の現在、世界で認知され様々な芸術文化に影響を与え続けている舞踏の現在を、新緑の美しい北海道へ見に行ってはいかがだろうか。(稲田奈緒美)


◆《明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会》

4月20日(国立小劇場)

◇新進の舞踊家、邦楽家による公演。舞踊の演目は、五條詠絹の『神田祭』と西川扇左衛門の『玉屋』。『神田祭』は各流派で様々な趣向を凝らし、主として鳶頭か芸者で踊ることが多いが、今回は町娘での上演。おかめとひょっとこの面を使っての演じ分けが興味深い。『玉屋』は西川扇左衛門が平成三十年に日本舞踊協会各流派合同新春舞踊大会にて大会賞を受賞した演目。ブラッシュアップされた仕上がりに期待が寄せられる。(斎藤真帆)


◆第70回西川会(十世宗家西川扇蔵)

4月21日(国立大劇場)

西川流一門の会。正午、午後四時開演の二部制、全十五番。第一部は格調高い西川扇藏の『松の緑』にはじまり、トリは西川箕乃助、西川尚の父娘による『連獅子』。我が子を深い谷底に蹴落とし、強さを試すという獅子の英才教育の再現シーンが、芸の道における親子の関係と重なり、見ごたえ充分な場面となろう。第二部は西川祐子の端正な『花かたみ』に続き、西川佳の『櫓のお七』。お七の実年齢に近い演者のフレッシュな表現が楽しみである。(斎藤)


◆マドモアゼル・シネマ2019旅するダンス『平成行進曲』

4月27、28日(セッションハウス)

◇1991年6月にオープンした神楽坂のセッションハウスに住み着いているマドモアゼル・シネマが、99年頃から続けてきた“旅するダンス”で、平成の代にしめくくりをつける『平成行進曲』の成果やいかに。(山野)


◆東京バレエ団:ブルメイステル版『白鳥の湖』

4月27〜29日(東京文化会館)

◇2016年にバレエ団として初演、今回三度目の再演にして既にカンパニーの代表作となった感がある。クラシックバレエの様式美をあますところなく見せる二幕や、ロットバルト一味が王子をたぶらかすドラマチックな三幕は圧巻。主役から脇役までキャラクターが丁寧に描かれる一幕や、王子の元を去ろうとする白鳥たちの、歩いているだけで美しい四幕など、見どころに事欠かない。本公演は今年で3回目の開催となる《上野の森バレエホリデイ》の一環として上演される。バレエマルシェやミニコンサートなど、大人も子供も楽しめるイベントに加え、今年はさらに東博とコラボレーションし、野外シネマが上演されるそうだ。ゴールデンウィークの幕開けに是非足を運びたい。(隅田)


◆アート・オブ・サーカス『Scala– 夢幻階段』

4月27〜29日(静岡芸術劇場)

◇フランスのダンス界で最も旬な振付家、ヨアン・ブルジョワが自身のカンパニーを率いて待望の初来日を果たす!ヨアンはヌーヴォー・シルク(アート・サーカス)出身のアーティストで、傾斜する床の上でダンサーが踊る『Celui qui tombe』や、回転するトランポリンと階段を用いたサイトスペシフィック作品『La Mecanique de l’histoire』で一躍有名になった。独創的な舞台装置とダンサー達の完璧にコントロールされた動きで、時間が巻き戻ったり空間が歪んだりするかのような不思議な世界を作り出す。今回上演される『Scala』は昨年発表されたばかりの最新作で、ブルジョワワールドを存分に味わうことができる。静岡まで足を運ぶ価値のある注目作だ。(折田 彩)



outofnice at 19:54公演情報 
記事検索