May 01, 2018

【ダンス・タイムズがお勧めする 2018年5月公演】

ダンス・タイムズ編集部が選んだ来月のお勧め公演をご紹介します。あくまでもメンバー個人の予想に基づいていますので、公演の内容を保証するものではありません。ぜひ、観客の皆さまが劇場へ行ってご確認ください。また、420日時点の情報を基にしていますので、日程、出演者、演目等が変更される場合もあります。完売の場合もありますので、事前にご確認ください。

 

【ダンス・タイムズがお勧めする 2018年5月公演】


◆SPAC:ふじのくに・せかい演劇祭『シミュレイクラム/私の幻影』

5月3、4日(静岡芸術劇場)

◇SPAC制作のアラン・ルシアン・オイエン振付『シミュレイクラム/私の幻影』は、フラメンコの小島章司と、藤間勘三郎から日本舞踊を習ったアルゼンチン生まれのコンテンポラリー・ダンサー、ダニエル・プロイエットの共演だ。異文化の衝突するところにたち顕れてくる新鮮な楽しみを期待する。小島がフラメンコを勉強するために初めてスペインへ向かった頃の情景も見られるということだ。(山野博大)


◆勅使川原三郎ダンス公演『調べ‐笙とダンスによる‐』

2018年5月3〜6日(東京両国・シアターΧ)

◇宮田まゆみの笙の独奏に乗せて勅使川原三郎と佐東利穂子が踊るという、なんとも贅沢な公演が実現した。勅使川原は様々な分野の音楽家とコラボレーションしており、2016年には伶楽舎の演奏会で武満徹作曲『秋庭歌一具』を舞っている。10人以上の楽師が奏でる立体的な調べがホールいっぱいに広がり、勅使川原・佐東の舞は音楽を鮮やかに視覚化してみせた。今回の公演では、伶楽舎メンバーでもある現代雅楽のトップランナー宮田の演奏と、勅使川原、佐東の舞が小劇場の空間を満たす。極上の調べをじっくりと味わってほしい。(折田 彩)


◆静岡ストリートシアターフェス《ストレンジシード》

2018年5月3〜6日(駿府城公園、静岡市役所・葵区役所など静岡市内)

◇ふじのくに⇄せかい演劇祭のフリンジ企画としてスタートしたストレンジシードが、今年もゴールデンウィークに開催される。演劇、ダンス、大道芸など様々なジャンルのアーティストが繰り広げるパフォーマンスを、お酒や食べ物を片手に見ることができる。康本雅子+テニスコーツ、きたまり×Aokidなど、果たしてどんなパフォーマンスになるかワクワクする組み合わせだ。演劇祭とあわせて、世界と日本のパフォーミングアーツをお腹いっぱい楽しもう。(折田)


◆ウィーン国立バレエ団2018《ヌレエフ・ガラ》『海賊』

2018年5月9、10、12、13日(Bunkamuraオーチャードホール)

◇芸術監督であるマニュエル・ルグリが全幕作品として初めて振り付けた『海賊』の日本初演、ウィーンと結びつきが強く、ルグリを見出した伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフへのオマージュ《ヌレエフ・ガラ》と豪華なプログラムだ。ルグリ版『海賊』はアリが登場しないなど、オリジナリティに溢れている。グルナーラを橋本清香、ビルバントを木本全優と、日本人ダンサーも大活躍。そして、ルグリのラブコールを受けてコンラッドを客演するマリインスキー・バレエ団プリンシパルのキミン・キムも楽しみだ。《ヌレエフ・ガラ》は、バランシン、マクミラン、ノイマイヤーといった巨匠から、同バレエ団の現役ダンサーの作品まで、多岐にわたる演目が魅力。そしてもちろん、ヌレエフが振付けた作品の抜粋を集めたプログラム「ヌレエフ・セレブレーション」も披露される。ノイマイヤーの『シルヴィア』とプティの『ランデヴー』はルグリ自身が踊るという。あらゆる意味で見逃せない公演だ。(吉田 香)


◆英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団『眠れる森の美女』『リーズの結婚』

2018年5月11、13、15、18〜20、25〜27日(兵庫県立芸術文化センター・大ホール、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール、日本特殊陶業市民会館 フォレストホール、東京文化会館・大ホール)

◇2015年以来、3年ぶりの来日となる同団が、今回『眠れる森の美女』『リーズの結婚』という珠玉のレパートリーを上演する。『眠れる森の美女』は、リラの精がマイム役として据えられ、第2幕では「目覚めのパ・ド・ドゥ」も挿入されるなど、ピーター・ライト版ならではの演出が見どころ。ゴールドを基調とした重厚な舞台装置や壮麗な衣裳にも目を奪われる。『リーズの結婚』は、ユーモラスな中に技巧的な要素も盛り込まれた巨匠フレデリック・アシュトンの代表作。愛らしい個性があふれるキャラクターたちの掛け合いを存分に楽しみたい。(宮本珠希)


◆スターダンサーズ・バレエ団 バレエ『ドラゴンクエスト』2018

2018年5月12、13日(テアトロ・ジーリオ・ショウワ)

◇スターダンサーズ・バレエ団初のオリジナル全幕作品として、1995年に本作が初演されて以来20年以上が経つ。鈴木稔振付の本作は、再演を重ねカンパニーの代表作になった。主人公が冒険の仲間を探しに酒場に行ったり、武器商人から武器を手に入れたりと、ゲームのフレームを守りながら、妖精や王宮の場面ではバレエの得意とする様式美を使い、ファンタジーの世界を描く。誰もが知るテーマソングと、ドラクエのロゴがバーンと表示される冒頭は、シビれること間違いなし!(隅田有)


◆スペイン ロンダ国際コンクール 優勝記念公演『SIROCO FLAMENCO 熱風のフラメンコ』

2018年5月13、15〜17、20日(大阪・Tablao Mivida、東京・アルハムブラ、名古屋・Bar rabano、京都府立陶板名画の庭・野外特設ステージ)

◇日本には、本場スペインに劣らない数のフラメンコ教室があるそうだ。大地を踏むステップが共通するからなのか、哀愁漂う音楽のためか、日本でフラメンコを愛する人は少なくない。そんな中から海外でも活躍するダンサーが現れているが、圧倒的に多いのは女性たち。近年ようやく男性ダンサーが活躍する場も増えてきた。SIROCOこと黒田紘登は、昨年スペインのロンダで開催された国際コンクールで日本人男性舞踊手として初めて優勝し、今後の展開が期待されるダンサー。コンクール当日に彼を支えたミュージシャンをスペインから招聘し、優勝記念公演を国内4か所で開催する。熱い舞台が再び現れ、本場の風を感じられそうだ。(稲田奈緒美)


◆談ス・シリーズ第三弾『凸し凹る』

2018年5月15〜6月11日(なかのZERO・小ホール、町田市民ホール、埼玉会館・大ホール、よみうり大手町ホール他)

◇大植真太郎、森山未來、平原慎太郎のダンサー三人が、「談ス・シリーズ」第三弾として『凸し凹る』全国ツアーを行う。それぞれに優れた身体能力を持つ男三人が、じゃれ合うように、喧嘩するように、探し求めるように身体でぶつかりあいながら動きが生まれ、シーンが立ち上がり、感情が沸き上がり、劇場空間にそれぞれの思いが広がっていく。観客に自由に見てほしいとの思いが、今回のタイトルにも表れている。凸凹な彼ら、意味不明の動き、ハチャメチャなシーン。でもそこに厳然としてある三つの身体は、確固とした関係性を瞬間瞬間に築き、言葉にならない肉体言語で雄弁に会話をし、観客の身体の回路を開いていくだろう。北は札幌から、南は福岡まで、あなたの近くにやってくる。(稲田)


◆堀内充バレエコレクション2018

5月25日(めぐろパーシモン大ホール)

◇堀内充振付『チャイコフスキー組曲』『アルルの女』などのほかに、堀内完の原案を息子の彼が舞台化したという作品が上演さrせる。はじめ堀内完は貝谷バレエ団で踊っていた。同団の『くるみ割り人形』全幕日本初演ではトレパックだった。2016年5月20日に亡くなった彼の元気だった頃の姿を思い出したい。(山野博大)


◆国立劇場5月舞踊公演《変化舞踊》

2018年5月26日(国立劇場・大劇場)

◇毎年、様々に工夫を凝らした企画公演。今回は「変化舞踊(へんげぶよう)」がテーマ。変化とは妖怪変化のことで、1人の役者が何役にも扮して踊ることから名付けられたという。それが時代とともに意味が拡大し、レビュー式の組合せ舞踊も変化舞踊と呼ばれるようになり今日に至っている。

本公演では、四季の情緒に因む名作を取り合わせた『染分四季彩(そめわけてしきのいろどり)』と172年ぶりの復活となる七変化(しちへんげ)『七重咲浪花土産(ななえざきなにわのいえづと)』を上演。前者は『雪傾城』『賤機帯』『夕月船頭』『俄獅子』の構成で藤蔭静枝、藤間恵都子、五條詠佳、若柳薫子、花柳笹公のベテランから若手までの5人の実力派が腕を競う。後者は西川箕乃助、花柳基がそれぞれ5役を踊り分けるのが見どころ。桃太郎をベースにした内容で、鬼(花柳寿太一郎、若柳里次朗)、犬(西川佳、尚)、イヌ(西川扇重郎)、サル(西川扇衛仁)、キジ(西川扇左衛門)が加わり、エネルギッシュに展開することだろう。(阿部さとみ)




outofnice at 21:52公演情報 
記事検索