June 29, 2017

【ダンス・タイムズがお勧めする 2017年7月公演】

ダンス・タイムズ編集部が選んだ来月のお勧め公演をご紹介します。あくまでもメンバー個人の予想に基づいていますので、公演の内容を保証するものではありません。ぜひ、観客の皆さまが劇場へ行ってご確認ください。また、620日時点の情報を基にしていますので、日程、出演者、演目等が変更される場合もあります。完売の場合もありますので、事前にご確認ください。

 

【ダンス・タイムズがお勧めする 2017年7月公演】


◆《名墨の会》

2017年7月2日(セルリアンタワー能楽堂)

◇藤舎名生と尾上墨雪のコラボの会。藤舎名生は笛の名手として知られ、ルジマトフの『阿修羅』に使用されている楽曲『笛 四神』の作曲者であり演奏も担ってもいる(CD)。墨雪は素踊りという装飾を削いだ美学を追求している人。近年ますますの充実がうかがえ、今回の公演にも期待が高まる。演目は一舞一管『猩々』、笛『鶴』、一舞一管『鐘』の三題(*一管=笛のこと)。能舞台という空間に繰り広げられる笛と舞のシンプルな重なりが、滋味豊かな世界を織りなし、日本の引き算の醍醐味が広がるだろう。(阿部さとみ)


◆谷桃子バレエ団《コンテンポラリーダンス・トリプルビル》

2017年7月2日(かめありリリオホール)

◇ 歴史ある谷桃子バレエ団は、古典作品を上演する一方で創作バレエ、コンテンポラリーダンスにも取り組んできた。今回はコンテンポラリーダンスの振付家、島地保武、柳本雅寛、広崎うらんによる三作品を上演する。バレエ団のダンサーたちと初顔合わせだった彼らは、2年前くらいからワークショップを行い、オーディションには二日間をかけたそうだ。そこではコンテンポラリーダンスの技術、表現力だけでなく、スタジオの隅で順番を待っている姿や普段の様子など、ダンサー一人一人の個性、人柄、人となりなども重視してダンサーを選んだとか。コンテンポラリーダンスの魅力とダンサー一人一人の魅力が重なり、面白い化学反応が起こりそうだ。なお、5月30日に行われた本公演の公開リハーサルについて、山野博大氏によるレポートが6月5日に投稿されている。そちらもご覧いただきたい。(稲田奈緒美)


◆イングリッシュ・ナショナル・バレエ(ENB)『コッペリア』『海賊』

2017年7月8、9、14〜17日(東京文化会館大ホール)

◇英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルを長らく務めたタマラ・ロホが、ENBの芸術監督に就任して初の来日公演。のみならず、カンパニーの来日自体も16年振りという。演目は、盒恭里奈が主演の一人に名を連ねる『コッペリア』と、ロホ肝いりの『海賊』。2012年の就任以来、彼女はどのようにカンパニーをまとめ上げてきたのだろう。ロホ姐さん率いるENBのステージは見逃せない。(隅田有)


◆井上バレエ団《バレエの潮流 ブルノンヴィルからプティパまで》

2017年7月15、16日(文京シビックホール・大ホール)

◇ロマンティック・バレエの振付家、オーギュスト・ブルノンヴィルの作品とテクニックの継承で知られる井上バレエ団が、ブルノンヴィル作品3作を一挙上演する。注目は『ラ・ヴェンタナ』第2景の日本初演。スペイン語で「窓」を意味する本作は2場仕立てで、第1景では、女性が鏡越しに自分の鏡像と踊るシーンと、窓の外で愛しい男性が弾くギターに合わせてカスタネットを手に踊るシーンという二つの趣向を凝らしたディベルティスマンが繰り広げられる。今回上演される第2景は、主役カップルのパ・ド・ドゥと友人達のパ・ド・トロワで、セギディリアとブルノンヴィル・テクニックの妙を味わえる。他に『ラ・シルフィード』第2幕と『ジェンツァーノの花祭り』のパ・ド・ドゥ、『眠れる森の美女』第3幕が上演される。(折田 彩)


◆千葉市・ヒューストン市姉妹都市提携45周年記念バレエ公演

◇2017年7月22、23日(千葉市美浜文化ホール・メインホール)

公演名は地味だが、出演者も作品も豪華である。千葉市出身の小㞍健太が芸術監督、同市出身で元ヒューストンバレエ団ソリストの楠崎なおが監督を務め、この二人の他、プリンシパルである吉山 シャール ルイ・アンドレやコナー・ウォルシュをはじめとするヒューストンバレエ団のダンサーが出演する。演目は古典に加えて、小㞍が振付けた二作品(うち一つは日本初演)、そしてヒューストンバレエ団の芸術監督で、世界中のバレエ団から振付を依頼されているスタントン・ウェルチによる二作品からの抜粋という盛りだくさんの内容だ。知る人ぞ知るこの夏の目玉の公演。千葉市民とヒューストン市民には割引あり!(吉田 香)


◆国立劇場第8回「伝統芸能の魅力」《親子で楽しむ日本舞踊》

2017年7月23日(国立劇場・小劇場)

今回は親子をターゲットとした取り組み。「ふれる」「みる」「知る」の三つのパートから成り、「ふれる」では小道具や衣裳など実際に舞台で使われるものに触れる機会を提供。「みる」の演目は『子守』と『玉兔』。前者は、田舎から出てきたあどけない少女の軽快な踊りが目にも耳にも楽しく、後者は「かちかち山」の物語を一人で演じるのが面白い作品。初心者にも馴染みやすいラインナップだ。さらに「知る」では、『子守』を得意とする花柳大日翠のポイントを抑えた解説が、親近感と興味とを引き出すことが期待できる楽しみな公演。約一時間で終わるのも魅力的。(阿部)


◆オペラ座&ロイヤル 夢の共演《バレエ・スプリーム》

2017年7月26、27、29、30日(文京シビックホール・大ホール)

◇パリ・オペラ座バレエ団と英国ロイヤル・バレエ団のスターダンサーによるガラ公演が実現!今回は、<Aプロ><Bプロ>と2つのプログラムで、各「チーム」のペアがそれぞれのカンパニーを象徴するような演目を中心としたパ・ド・ドゥを披露する。そして、なんといっても一番の見どころは、合同チームによるディヴェルティスマンだ。Aプロでは、『ドン・キホーテ』Bプロでは『眠れる森の美女』が上演される。この上なく豪華で贅沢な時間を存分に味わいたい。(宮本珠希)


◆《清里フィールドバレエ》

2017年7月27日〜8月10日(清里高原 萌木の村 特設野外劇場)

◇夏と言えば清里フィールドバレエ!1990年に始まったこの日本唯一の野外バレエフェスティバルは、全国からファンが訪れるバレエ界の夏の風物詩となっている。夕暮れから星空へ移りゆく空と清里の森という最高の舞台装置を背にダンサー達が踊る姿は、ここでしか見ることができない。今年は『ジゼル』と『シンデレラ』を日替わりで上演し、8月9日、10日は《ニーナ・アナニアシヴィリ スペシャルガラ》が行われる。(折田)


◆ブライト・ステップ2017

2017年7月30日(新宿文化センター・大ホール)

◇ロシア国立バレエ・モスクワで活躍中の西島勇人、先日オランダ国立バレエ団のソリストに昇格した奥村 彩らを中心に、気鋭の日本人ダンサーが一同に会する『ブライト・ステップ2017』。2015年以降、今年が3度目の開催となる。今回も、先頃のモスクワ国際バレエコンクール シニア デュエット部門でそれぞれ金賞・銅賞に輝いたタタールスタン国立カザン歌劇場バレエ団の大川航矢・寺田 翠(本公演では第2ラウンドで踊った『タリスマン』を披露予定)、ハンブルグ・バレエ団の菅井円加、ロイヤル・フランダース・バレエ団の加藤三希央など、進境著しい踊り手たちが登場。個々の踊りはもちろん、同公演でしか見られないペアリングの妙も堪能したい。また、出演者による質疑応答を含めたワークショップや、クラウドファンディングなどの精力的な活動にも注目だ。若い力を集結させたエネルギッシュな舞台を期待する。(宮本珠希)


◆有馬龍子記念京都バレエ団《イヴェット・ショヴィレ追悼》《京都バレエ専門学校創立40周年記念》公演

2017年7月30日(ロームシアター京都メインホール)

◇昨年10月18日に99歳で亡くなったイヴェット・ショヴィレは、有馬龍子が創立した京都バレエ団と京都バレエ専門学校をたびたび訪れ、熱心に指導した。彼女のバレエは、日本においてフランスのバレエの正統を受け継ぐことを決意した京都バレエ団の核となり、今に引き継がれている。彼らのイヴェット・ショヴィレへの想いがこもった、1913年初演の『スイート・ド・ダンス』、1940年初演の『卒業舞踏会』、1949年初演の『グラン・パ・クラシック』、安達哲治の新作『四季〜夏から秋〜生命の煌めき』などの舞台をしみじみと楽しみたい。(山野博大)



トラックバックURL

記事検索