February 01, 2015

新国立劇場バレエ団 《DANCE to the Future -Third Steps-》

新国立劇場バレエ団から振付家を育てるプロジェクト《Dance to the Future》の3度目の公演。ダンサーが振付けた新作7つと彼らのアドバイザーを務めた平山素子の作品1つが上演された。アドバイザーのおかげだろう、どこかで見たような既視感を覚える作品、あるいは独りよがりでナルシスティックな作品は殆どなかった。客観的でしかも上質な“目”の存在は大きく、彼らは幸運である。

『はなわらう』は、宝満直也の振付家としての才能を堪能できる秀作である。“花と花びらがテーマ”というと、夢夢しいイメージが先行して分が悪そうなものだが、美しいフォーム、豊かな音楽性、絶妙な間の取り方、そして、ちょっとした音の外し方やフォームの崩し方でキュンとさせるポイントが随所にあり、よく練られている。また、米沢唯、福岡雄大という圧倒的な実力のソリストをキャスティングした効果も大きく、彼らの端正なフォームと胸がすくようなジャンプには心が洗われる。ただ、6人の女性の群舞の振付がやや子供っぽく、狭いスペースにおいて、ごちゃつく場面もあった。大きな劇場でもっと空間を活かした作品が見てみたい。パ・ド・ドゥだけでも感動的なものが創れそうだ。

『The Lost Two in Desert』は盒彊豕韻振付、自身と盆子原美奈がジャズに乗せて砂漠を彷徨う二人を踊る。荒削りだが、キラリとひかる作品で、心地よい音楽、そして(本作では足で砂を掻くような)独自のステップの存在が、作品を左右することを証明している。もう少しバレエのイディオムから自由になって、肩の力を抜いて創った軽妙な作品が見てみたい。

福田圭吾による『Phases』は、最もプロっぽい出来で、スティーブ・ライヒの曲とバッハとグノーの『アヴェ・マリア』という全く異なる二つの音楽を合わせて使ったのは自信の表れだろう。特に前半、動きをよどみないシークエンスで見せるのが上手く、ダンサーに超絶技巧を強いずとも、全編を一気に、集中力をもって魅せたのが見事だった。

小口邦明振付の『Dancer Concerto』はダンサー8人による、今宵唯一のクラシック作品。アブストラクト・バレエで、ブラームスの『ピアノ協奏曲第二番Op.83第二楽章』を視覚化している。幕開きから明るさに心が浮き立つ。全体としては、バランシンのような、少しおどけた洒脱さとなにより大事な“華”があった。ステップやフォーム等細かい要素の一つひとつをもう一段突っ込んだものにして、ブラッシュアップすれば、素晴らしい作品になるだろう。宝満直也しかり、日本待望のバレエの大作を創れる振付家になってもらいたい。

平山素子が1999年に初めて振付けた作品『Revelation』が、この日は小野絢子によって踊られた。暗がりで、ジョン・ウィリアムズの重厚な音楽をバックに、削がれた身体と凄まじい迫力で、椅子に対峙する。小野はクラシック作品では抜群の安定感があるが、さらに一皮むけて突き抜けた印象があり、それは神々しいほどで、見入ってしまった。この作品の振付家がアドバイザーとは贅沢だと、改めて感じる。

現役ダンサーが振付けた作品を持ち寄るというこの企画は、ある意味、残酷である。ダンサーとしては、多少テクニックやフォームに問題があっても、それは個性であり、味わいであると解釈でき、レッスン次第で改良も可能である。それに比べて、振付の才能はもっと、あるかないか、白黒がはっきりしていて、グレーゾーンはない。そんなことを考えさせられた公演だった。

(吉田 香 2015/01/16 19:00 新国立劇場 小劇場)

jpsplendor at 20:35舞台評 | 短評
記事検索