September 20, 2020


コンドルズが新作『ビューティフル・ドリーマー』を上演した。ライン・キューブ渋谷(渋谷公会堂)の大舞台でAプロ“シャングリラスペシャル”と、Bプロ“アルカディアスペシャル”の2公演をやったのだ。各プロの上演時間を約1時間としたのは、コロナ感染対策のためだったと思う。私は1人おきに指定された客席でBプロを見せてもらった。コンドルズの公演はいつも開幕前に、舞台前面に下ろしたスクリーンにテレビ番組のようなタイトル、スタッフ、キャスト、そしてコマーシャルを流す。スクリーンの白幕が落ちると全員の踊り。黒い学生服姿のメンバーを白い衣裳の近藤良平が颯爽とリード。

1996年創立のコンドルズは、全国各地の劇場で踊り続け、2005年3月、近藤良平振付・主演の『ジュピター』で、ついに渋谷公会堂の大舞台をわがものにしたのだった。20周年のNHKホールをはじめ、海外の舞台など多くの公演を積み重ねて、コンドルズが新装のライン・キューブ渋谷(渋谷公会堂)に戻ってきたのは、コロナ感染騒動真っただ中の2020年。15年ぶりだった。

いつものように、コント、人形劇などを交えたバラエティー風の舞台を、時に観客を取り込んだりして手際よく進める。その間にダンスが入ってくるのだが、全体の技術水準が、創立当時とは格段に上がっているので、踊りそのものを見たいという観客の要求にも十分に応えられる。それをリードする近藤良平はさらに別格の存在。彼は、1995年頃から野和田恵里花、山崎広太、笠井叡、木佐貫邦子、伊藤キム、川野眞子、平山素子、井手茂太、黒田育世といった個性豊かな舞踊家たちと舞台を共にして自分自身を磨いてきた。しかし彼は、強い体幹を生かしたシャープな動きで自分の踊りを貫き、他の舞踊家の影響をあまり受けていない。終り近くに、学生服姿の近藤の長めのソロが用意されていた。52歳になる彼の踊りは、今回もコンドルズの中心にあってひときわ輝いた。近藤良平の演出・振付・主演、石淵聡、オクダサトシ、勝山康晴、香取直登、鎌倉道彦、黒須育海、古賀剛、小林顕作、ジトク、スズキ拓朗、田中たつろう、橋爪利博、藤田善宏、安田有吾、山本光二郎の出演、勝山康晴の制作で、コロナ感染予防で厳重警戒下の渋谷の大舞台に戻ってきたコンドルズに、多くのファンが熱い声援を送り続け、カーテンコールを繰り返した。

[山野博大 2020/9/5 ライン・キューブ渋谷(渋谷公会堂)]

jpsplendor at 15:17舞台評短評

勅使川原三郎+KARASの《アップデイトダンスシリーズ》が8年目に入った。今回はロード・ダンセイニの幻想小説『妖精族の娘』の舞踊化だった。この短編は、死と無関係に生き続ける妖精族の世界のある出来事を描く。彼らは、自然の造形の美しさに対して、人間のように敏感な反応を示すことがないという設定で物語は進行する。その妖精族のひとりの娘が、死によって必ず最後を迎える人間ならではの得難い心のときめきを感じてみたいと願うところから、話は始まる。中央に光の筋が揺れ動くオープニング。しだいに妖精族の娘役の佐東利穂子の姿が見えてくる。暗い舞台の床には白い円形の板があちこちに置かれている。それにサスペンション・ライトをあてて鮮やかな明暗の対比を作り出す。前方に紗幕を下ろした舞台で、朗読、音響と共にダンスが進む。ほとんどが白いドレス姿の佐東のソロで、黒いスーツ姿の勅使川原が物語の流れに応じて、さまざまな役割を受け持った。

娘は人間のように自然の美しさを体験してみたいと願うのだが、そのためには魂を持たなければならない。娘の希望を叶えてやろうと妖精族の大人たちが、自然界のいろいろなものを組み合わせて魂を作り上げる。娘がそれを左胸の少し上のあたりに埋め込むと、人間の感性が芽生える。嬉しそうに踊る妖精族の娘。人間のように、繊細な自然の美しさを楽しんだのだが……。魂を身体から取り出して、元の姿にもどりたいともがく娘を見せて作品は終わる。人間が必ず死ぬ存在であることの意味が伝わった。舞台床の白い円形にライトをあてて場面を組み上げた妖精族の世界が、紗幕の向こう側に広がっていた。そこを佐東が圧倒的な迫力で駆け抜けた。

終演後のトークで、今回の『妖精族…』と前回の『タルホ』で紗幕を使ったのは、コロナ対策だったことが判った。誰もが死を身近に感じる最近の状況下での『妖精族の娘』上演は、死ななければならない人間が、その代償として得ているものの「大切さ」を考えさせる舞台だった。

(山野博大 2020/8/24 カラス・アパラタス)

jpsplendor at 14:04舞台評短評

August 30, 2020


新国立劇場バレエ団《こどものためのバレエ劇場 2020》で上演された森山開次振付『竜宮』が、2012年から芸術監督をやってきた大原永子の最後の公演となった。《こどものためのバレエ劇場》は、2009年4月の『しらゆき姫』が最初だった。これは小倉佐知子の振付を牧阿佐美が監修したもの。台詞入りでストーリーを進め、子供たちにバレエという舞台芸術の最初の一歩を気軽に踏み出させようという意図が込められていた。新国立劇場バレエ研修所で上演したものを仕立て直し、芝居部分を三輪えり花が、ダンス部分を小倉が作った。ヨハン・シュトラウスの音楽を巧みに使いまわして楽しさを盛り上げた福田一雄の働きもあった。

大原は、2012年7月に小倉佐知子振付、牧阿佐美監修『シンデレラ』で、この子供向けの企画を引き継ぐ。オリジナルを大幅に短縮し、ぬいぐるみが登場したりするこの作品は、新国立劇場ばかりか日本各地でも上演されるヒット作となった。大原は、好評だった『しらゆき姫』を2014年にオペラパレスの大舞台で再演する。さらに2015年には『シンデレラ』も再演し、2016年には大原自身が振付を担当して子供向けの『白鳥の湖』を新制作する。子供に分かりやすいように各幕の冒頭にナレーションを入れ、飽きないようにあちこちをはしょって全体を短くした。しかし見せ場となるダンス・シーンはしっかりと残し、名作の全体像を損なうことはなかった(台本改訂=佐藤弥生子)。

大原は、2017年にも『しらゆき姫』を再演し、日本各地の大劇場でも上演する。そして今回の《こどものためのバレエ劇場》は、森山開次振付の新作『竜宮』だった。これまで上演してきた『しらゆき姫』『シンデレラ』『白鳥の湖』は、いずれもクラシック・バレエの入門編という位置づけだったが、『竜宮』にはコンテンポラリー分野の森山を振付に起用した。

森山開次は、2000年、山崎広太作品のダンサーとして登場する。当時、彼は26歳。2001年に、アサヒ・アートスクエアで自作の『夕鶴』を踊り、和風のテーマで舞台を創るコンテンポラリー・ダンサーとして注目される。

2003年9月の《新国立劇場ダンスプラネット》ダンスコンサート“舞姫と牧神達の午後”で、加賀谷香と組み『弱法師』を踊る。このコンサートは、当時の現代舞踊界の注目株だった蘭このみ・清水典人、平山素子・能美健志、内田香・古賀豊、軽部裕美・島地保武という男女ダンサーのデュエットを並べたプログラムだった。彼はその一角を占めたのだ。以後《ダンスプラネット》の常連となり、さらにミュージカル、演劇、新作能から、ファッション・ショーのアトラクションなどへ、活動の領域を広げて行く。

2009年2月、《ダンスプラネット》“森山開次作品集”で『弱法師 花想観』『OKINA』『狂ひそうろふ』を、2012年10月、《新国立劇場2012/2013シーズンダンスオープニング:森山開次》“曼荼羅の宇宙”で『書』『虚空』を、2015年6月、《新国立劇場2014〜2015シーズンダンス:森山開次》で『サーカス』を上演するうちに、彼の和の感覚を盛り込んだ振付は、新国立劇場のダンス部門で重要な地位を占めていた。

また彼は、セルリアンタワー能楽堂《伝統と創造シリーズ》の『Shakkyou』、アーキタンツ公演の『HAGOROMO』、KAAT神奈川芸術劇場の『不思議の国のアリス』など、各方面の創造的な舞台で、児玉北斗、平山素子、近藤良平、田中泯、大島早紀子、宇野萬、小野寺修二、津村禮次郎、酒井はな、白井晃といった日本の舞踊界の多彩な才能と出会う。そこで得た手法を自分の個人リサイタルで試し、踊りの幅を広げた。そして2013年、芸術選奨文部科学大臣賞・新人賞、松山バレエ団顕彰・芸術奨励賞を同時受賞する。40歳だった。

『竜宮』は、《こどものためのバレエ劇場》でコンテンポラリー系統の振付者による最初の作品となった。森山の、新国立劇場ダンス部門での評価が高かったので、当然の成り行きとも考えられる。しかし、大原は芸術監督としての最後の舞台にバレエ以外の彼を使ったのだ。スタッフとして、振付補佐に湯川麻美子、貝川鐵夫という《こどものためのバレエ劇場》に最初から関わっていたベテラン二人を据えた。新国立劇場バレエ団は、バレエ・マスターに陳秀介、バレエ・ミストレスに遠藤睦子、プリンシパル・ソリスト・コーチに菅野英男という常任のスタッフをそろえている。そればかりか、大原自身がバレエの世界を長く生きてきた大ベテランなのだ。『竜宮』で森山がはたしてどこまで自分を出すことができるのかが心配になる布陣だった。

和風の舞台に紋付羽織姿の時の案内人(貝川鐵夫)が登場し、この作品の大事なポイントが時間であることを観客に知らせる。彼は舞台の進行役だった。舞台は型通りに、浦島太郎(渡邊峻郁)が島の子どもたちにいじめられている亀を助けるところから始まる。竜宮城のプリンセスだった亀(木村優里)は、浦島を海底の御殿に誘う。接待係のフグ(奥田花純、五月女遙)、用心棒のサメ(井澤駿、福田圭吾)、女将のタイ(本島美和)、大勢の舞妓の金魚などの魚たちが舞い踊る。ダンサーたちの動きは、ほぼバレエ仕様で進むが、森山は美術、衣裳、演技、照明、プロジェクション・マッピング、音響などの技法を使いこなして自分のペースを守った。多彩な経験が生きていた。

夢のような時間の経過。しかし御殿で故郷の四季に想いをはせた浦島は、家に戻りたくなってしまう。浜辺にたどりついた浦島。長い時間が経っていた。玉手箱を開けた浦島は、突然老人に…。しかしこのバレエはハッピーエンドで締めくくられた。森山は、子ども向けの作品であることを忘れていなかった。『竜宮』は、新国立劇場の特級の人材を、森山がさまざまな出会いで身につけた手法を駆使して仕上げた、特製の《こどものためのバレエ》だった。

(山野博大 2020/7/25 新国立劇場 オペラパレス)

jpsplendor at 19:13舞台評

August 02, 2020


AFP通信の配信により、ルネ(愛称=ジジ)・ジャンメールの訃報を日本の新聞各社が伝えた。7月17日にスイスの自宅で亡くなったのだ。96歳だった。“ジジ”は1933年、パリ・オペラ座で踊りはじめる。しかし、クラシックの枠に収まり切れず、活動の場を新しいバレエの世界、ショー・ビジネス、映画など、多方面へと広げて行った。

彼女は、1924年4月29日生まれ。パリ・オペラ座でいっしょだったローラン・プティとは同い年だった。やはりクラシック・バレエにあき足りず早々にオペラ座を飛び出したプティの振付を踊るようになり、二人は臨時編成のダンス・グループ“バレエ・ド・パリ”を足場として新しい舞踊の世界を目指した。1949年にロンドンで初演したプティ振付、“ジジ”主演の『カルメン』は、当時としては異例のセクシーな演技で、大きな反響を呼んだ。二人は1954年に結婚する。

1964年2月、“ジジ”は40名のショー・ダンサーを率いて来日し、《ルネ・ジャンメール舞踊団公演》を日比谷公会堂で行った。当時39歳の彼女は、背中に大きな羽飾りをつけた豪華な衣裳で群の先頭に立った。プティは同行していなかったが、彼が振付けたイブ・サンローランの衣裳によるエンターテインメント作品『ダイヤモンドを噛む女』は、バレエのすぐ外側に別の世界が開けていることを、日本のバレエ・ファンに示したのだった。彼女が低音で語り掛けるように唄った歌も、深く心に響いた。

ちょうど同じ頃、リアンヌ・ダイデ、ミシェル・ルノー、ロゼラ・ハイタワー、アンドレ・プロコフスキーが来日し、《フランス・バレエ・4大スター合同公演》を同じ日比谷公会堂で行った。彼らのバレエの伝統に忠実な抑制を利かせた表現と、感情を身体の動きに込め、それを小粋なしぐさでさらりとつないだ“ジジ”の踊りの違いに、当時の日本のバレエ・ファンは目をみはった。東京オリンピック開催に沸き、新幹線が走り始めた当時の日本に、“ジジ”の一行は大きな刺激をもたらしたのだった。

(山野博大)


jpsplendor at 23:17レポート

July 24, 2020


シアターΧ(芸術監督/プロデューサー=上田美佐子)主催の《国際舞台芸術祭(IDTF)2020》で藤田佳代舞踊研究所の『この子が無事に帰るまで』(作舞=菊本千永)と江原朋子の『ムシ to be continued』を見た。他に劇舎カナリアによる『ムシムシメヅルシ-Bye o! Hi story』(作=山崎永莉、演出=山本健翔)も上演されたが、舞踊分野の2本のみ、見たままを記す。

シアターΧの《国際舞台芸術祭(IDTF)》は、2年ごとの開催で14回目。毎回、実行委員会がメイン・テーマを設定し、参加者はそれに沿った創作を上演する。今回のテーマは「蟲愛づる姫と BIOhistory=生きものの物語」だった。
 
藤田佳代舞踊研究所に所属する菊本千永作舞の『この子…』から始まった。「この子」をとり囲んで白装束の3人が踊る。「この子」はハンチングを被った反抗的な身振りの少年だ。外の世界に遊び自分を試そうと、舞台を降りて客席の通路で踊る。舞台で踊る白衣の3人にも、それぞれにソロを割り振り、動きのつながりも綿密に作って、確固とした生活空間があることを示す。疲れ果てた「この子」が「無事に帰り」横たわる。それを白衣の3人がとり囲むところで作品は終わる。菊本作品は、どこにでもある少年の放浪を受け止める強靭な社会の仕組みを描いたもの。少年と白衣の3人のていねいに作り込まれた動きの流れ、日本の神社の巫女を思わせる白衣の衣裳デザインの巧みさなどがひとつになり、格式を感じさせる佳作が出現した。師匠であり、母である藤田佳代を通じて法喜聖二、法喜晶子ら関西現代舞踊界の本流に連なる菊本の作品は、時間をかけて自らの世界を練り上げた佳作だ。

江原朋子の『ムシ to be continued』は、人類よりもずっと長い歴史をたどる「ムシ」の生態を描いたもの。ゆるやかな動きをさまざまにつないだ踊りが続く。7人の群舞のひとりひとりに動きを任せたように見える無統制な動きの連鎖は、虫たちが無秩序に繰り広げた盛衰史を思わせる。その混沌に乗って江原が何度も登場し、彼女ならではの踊りを披露した。若くして三条万里子、厚木凡人ら海外の舞踊動向に敏感な舞踊家たちの影響を強く受けた江原は、自らも海外に進出して舞踊の最先端に接し、その後も異色の舞踊家たちと舞台を共にして、独自の領域を探り続けてきた。『ムシ…』は、その末にたどり着いた世界なのだ。江原は2011年の舞踊作家協会公演で『虫めづる姫君たち』を踊っている。彼女のあでやかなソロは、それにつながるもの…。

日本の現代舞踊の歴史を引き継ぐ正統派、菊本千永の『この子…』、今の時代の野放図さを象徴するような緩やかな作りの、江原朋子の『ムシ…』という、対照的な佳作が並んだ。

(山野博大 2020/7/11 シアターΧ)

jpsplendor at 14:15舞台評短評
記事検索