March 31, 2017

ダンス・タイムズ編集部が選んだ来月のお勧め公演をご紹介します。あくまでもメンバー個人の予想に基づいていますので、公演の内容を保証するものではありません。ぜひ、観客の皆さまが劇場へ行ってご確認ください。また、320日時点の情報を基にしていますので、日程、出演者、演目等が変更される場合もあります。完売の場合もありますので、事前にご確認ください。

 

【ダンス・タイムズがお勧めする 2017年4月公演】


◆ダンス専科2017

2017年4月1日(セッションハウス)

◇セッションハウス主催のこの公演は、野和田恵里花、松本大樹、伊藤直子、JOU、平原慎太郎、坂東扇菊、笠井瑞丈、上村なおか、太田ゆかりら、気になる人たちの作品を見せてきたダンス・シリーズ。今回は、太田ゆかり、笠井瑞丈、平原慎太郎、坂東扇菊の4作品が並ぶ。彼らの最近の動向をまとめて見ておきたいという人向きの便利な公演だ。(山野博大)


◆歌舞伎座《四月大歌舞伎》夜の部より『三代猿之助四十八撰の内 奴道成寺』

2017年4月2〜26日(歌舞伎座)

◇『奴道成寺』は『京鹿子娘道成寺』のパロディで、男性の狂言師が主人公。『京鹿子娘道成寺』の歌詞をほとんどそのままに、彩り豊かに展開する。三代目猿之助が得意としたこの作品を、当代の猿之助が継承。見どころは、おかめ(遊女)大尽(客)、ひょっとこ(太鼓持)の三つの面を使い分けて、廓の恋模様を見せる場面で、猿之助の鮮やかな踊り分けに期待が高まる(阿部さとみ)


◆『SINGIN’IN THE RAIN 〜雨に唄えば〜』

2017年4月3〜30日(東急シアターオーブ)

◇アダム・クーパーとウェストエンドの実力派達が繰り広げる極上のエンターテインメント作品、『SINGIN’IN THE RAIN』が帰ってくる!原作の映画の世界観を丁寧に再現したジョナサン・チャーチの演出と、立体的かつスピード感溢れるアンドリュー・ライトの振付、そしてアダム・クーパーの軽やかなステップを堪能してほしい。きっと晴れやかな心で劇場を後にするはずだ。(折田 彩)


◆NHKバレエの響宴 2017 

2017年4月8日(NHKホール)

◇国内バレエ団が勢揃いし、それぞれの特色を存分に堪能できるラインアップが魅力の豪華な公演。2014年以降は毎年新作も上演されており、今回は、ドイツ・レーゲンスブルク歌劇場ダンスカンパニー芸術監督の森優貴による『死の島-Die Toteninsel(仮)』を貞松・浜田バレエ団が初演する。他にも、井上バレエ団による『ナポリ』、牧 阿佐美バレエ団の『眠れる森の美女』、新国立劇場バレエ団による『テーマとバリエーション』と、ロマンティック・バレエから現代作品に至るまでの歴史を紐解くかのような演目構成に期待もいっそう高まる。(宮本珠希)


◆イゴール&モレーノ『イディオット・シンクラシー』

◇4月19−20日(渋谷区文化総合センター大和田伝承ホール)

イゴール&モレーノが『イディオット・シンクラシー』という公演を行うらしい。チラシ、ウェブから入手できる情報はごくわずかで、筆者も未見。でもなんだか気になる。スペイン、バスク出身の元俳優・歌手のイゴールと、北イタリア出身の元社交ダンサーのモレーノが、なにやら人を食った、でもいつの間にか楽しくなって飛び跳ねたくなるような、不思議な作品を披露してくれるようだ。ロンドンのコンテンポラリーダンス界は、このように世界中から集まったユニークな才能が出会い、新たな作品が生まれる場所。ここ数年で頭角を現した彼らの日本初公演を見てみたい(稲田奈緒美)


◆国立劇場舞踊・邦楽公演《明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会》

2017年4月22日(国立劇場・小劇場)

◇毎年恒例の「明日をになう」新進による公演の舞踊は『藤娘』と『保名』。ともに古くからあった舞踊を、昭和と大正に六代目尾上菊五郎が、時代の好みを取り入れ近代に蘇らせた。『藤娘』は藤蔭静寿が女性ならではの美しい身体のラインをもって娘の恋心を綴り、『保名』は昨年、日本舞踊協会新春舞踊大会で最優秀層を受賞した花柳寿美藏が、青年の恋の喪失を描く。フレッシュな二人があこがれの演目に挑み、絵のような舞踊を見せてくれることだろう(阿部)


◆フィンランド国立バレエ団『たのしいムーミン一家〜ムーミンと魔法使いの帽子〜』《北欧バレエ・ガラ》

2017年4月22〜25 日(Bunkamuraオーチャードホール)

◇フィンランド国立バレエ団が、世界中で話題のムーミンシリーズの最新作を携えて初来日を果たす。公演は二部構成で、第一部は『たのしいムーミン一家〜ムーミンと魔法使いの帽子〜』、第二部はバレエ団のレパートリーから厳選した《北欧バレエ・ガラ》が上演される。『たのしいムーミン一家』を振り付けた芸術監督のケネス・グレーヴはデンマーク人で、同国出身の童話作家、アンデルセンの『人魚姫』や『雪の女王』等、童話のバレエ化を多く手掛けている。彼の手によりムーミンの世界が生き生きと舞台上に表れることに期待したい。(折田)


◆勅使川原三郎/KARAS『トリスタンとイゾルデ』

2017年4月26〜30日(東京・両国シアターΧ)

◇昨年6月は荻窪のカラス・アパラタスから次々と上質な作品が生まれた。そのうち『白痴』は昨年12月にシアターχで再演され、今回は待望の『トリスタンとイゾルデ』である。初演の好評を表すように、イタリアでの上演も決定したという。あの小さなスペースから生まれたスケールの大きい愛の物語が、どのようにパワーアップして蘇るのだろうか。(吉田 香)


◆谷桃子バレエ団『師の命日に贈る〜過去・現在・未来

4月26日(洗足学園大学・前田ホール)

◇戦後の日本バレエ界を代表するバレリーナだった谷桃子が94歳で亡くなったのは、2015年4月26日のことだった。その命日に、弟子たちが彼女の《過去・現在・未来》を舞台の上に蘇らせようという公演だ。谷桃子が創った『ロマンティック組曲』が再現される。この作品は2014年の《谷桃子バレエ団・創作バレエ・8古典と創作》で、谷桃子自身の目によって確かめられ、再演されたもの。1970年代に創作された舞台を味わいつつ、大バレリーナ谷桃子の在りし日の姿を偲びたい。(山野)


◆東京バレエ団 子どものためのバレエ『ドン・キホーテの夢』(上野の森バレエホリディ)

4月29,30日(東京文化会館)

◇技あり笑いありの『ドン・キ』を子供向けにアレンジした、休憩込みの約90分の作品で、対象は4歳以上。27日から開催される『上野の森バレエホリディ』の一環で、こちらは裏方の仕事が体験できたり、初心者向けのバレエレッスンがあったりと、舞台の魅力が色々な角度から味わえる。GW序盤のお出かけにもってこいの、大人も子供も楽しめる一本だ。(隅田有)



outofnice at 22:17公演情報

March 21, 2017

<森嘉子>

201721日、舞踊作家協会連続公演No.190《手帳》(ティアラこうとう小ホール)で、自作の『心の記憶』を踊る

 

<岡登志子>

2017214日、アンサンブル・ゾネダンス公演(日暮里d-倉庫)で、自作の『霧のようなまなざし』を踊る

 

<井上八千代>

2017217日、2017都民芸術フェスティバル60回日本舞踊協会公演(国立劇場・大劇場)で、地歌『邯鄲』を舞う

 

<小野絢子・八幡顕光>

2017217日、新国立劇場バレエ団《ヴァレンタイン・バレエ》(新国立劇場・オペラパレス)で、ジョージ・バランシン振付『タランテラ』を踊る

 

<酒井はな>

2017217日、伝統と創造シリーズvol.8《遠藤康行「狂-くるい-2部作》(セルリアンタワー能楽堂)で、遠藤振付・演出『KANAWA』を踊る

 

<天方真帆・神原健太・鈴木隆司・増田明日未・三橋俊平>

2017219日、Integrated Dance Company-Kyo4回公演(東京芸術センターホワイトスタジオ)で、ディディエ・テロン振付『les gens de Tokyo 東京の人々』を踊る

 

KENTARO!!・横山彰乃・高橋萌登>

2017220日、東京ELECTROCK STAIRS vol.14(こまばアゴラ劇場)で、KENTARO!!振付『いつかモンゴリと眠る』を踊る

 

<木村和夫・森川茉央・入戸野伊織>

2017223日、2017都民芸術フェスティバルチャイコフスキー記念東京バレエ団《ウィンター・ガラ》(Bunkamuraオーチャードホール)で、モーリス・ベジャール振付『中国の不思議な役人』を踊る

 

<池田理沙子・奥村康祐>

2017225日、新国立劇場バレエ団公演(新国立劇場・オペラパレス)で、ローラン・プティ振付『コッペリア』を踊る

 

<峰岸千晶>

2017225日、NBAバレエ団公演(東京文化会館・大ホール)で、マーティン・フリードマン振付『ロミオとジュリエット』を踊る

 

THE DANCE TIMES》選出ダンサー月間ベストテンは、仲間の評論家をはじめとする多くの舞踊界の人たちとの劇場のロビーでの噂話などに含まれた本音のところを参考にして、ダンス・タイムズ編集部で協議し、最終的に決めます。
 ひとつの公演からはベストの1件だけ、月間でひとりのダンサーをダブって選ぶことはしないというルールでやっています。



ayaorita at 22:02

March 14, 2017

舞踊家の黒沢美香さんが2016年12月1日に59歳で永眠されて、早3ヶ月が経ちました。ダンス・タイムズには美香さんと個人的に親交があったメンバーもおり、心の整理をして言葉を紡ぐのに時間がかかりましたが、ここに、これまでウェブサイトに掲載してきた美香さんの振付・出演作の舞台評と、メンバーが寄せた追悼文を掲載いたします。ご覧いただき、美香さんの業績や作品、そして人柄に思いを馳せていただければ幸いです。

続きを読む

ayaorita at 12:00

March 11, 2017

出演はNoism出身の3名のダンサー、藤井b泉、宮原由紀夫、篠原未起子と、ギタリストの原大介。そして"隠し味"こと阪大特任助教でカニ博士の西山雄大。1時間弱の作品で、全4公演のうち、土曜日の昼は乳幼児も入場できる回だった。冒頭、全身タイツ姿のダンサー3人が登場。ギターがジャーンと鳴った瞬間、一斉に子供たちが泣き出す。そのタイミングの良さに大人たちが吹き出した。会場はギャラリーとしても使われる長方形のスペースで、片方の長辺に窓、もう片方に椅子を並べた設定。ダンサー同士がお互いの体の重みを使って滑ったりリフトをしたりと、踊りには狭いスペースならではの工夫がある。二台のベビーカーをヤドカリのように背負って踊ったり、にらめっこのような表情で静止したりと、ノリが良くてクスリと笑う演出が多い。猿蟹合戦を模した映像や、コメツキガニの集団行動についてのレクチャー、テルミンから想を得た装置の実演が途中に加わる。子供たちが空間に慣れて多少の音にも驚かなくなってゆく連続的な変化が、作品全体を統合する縦糸のように機能し、かれらのストレートな反応は作中の表現にリアリティをもたらした。晴天の週末の午後、会場のすぐ外では近所の大学の運動部の学生たちがランニングをしている。日常を感じさせる偶然の要素も演出の一部となり、多幸感溢れる公演だった。
(2017/03/11 隅田有 トーキョーワンダーサイト本郷 14:00)


outofnice at 16:44短評

March 05, 2017

昨年は年明けにガラ『ニューイヤー・バレエ』があったが、今年はひと月遅れてこのタイトル。第一部『テーマとヴァリエーション』のプリンシパルは小野絢子と奥村康祐が務めた。小野は足元から上半身への動きの繋がりが素晴らしい。ポーズに入ってからも、腕は音が続く限り遠くに伸びてゆくようで、バランシンらしい優美さが感じられた。コール・ド・バレエは、一人一人の技術は高いが、4人並ぶとだれかが前に飛び出すなど、時折ラインの乱れが気になった。幾何学的な美しさが際立つ後半は、控えめながらも高揚感が立ち上がった。
続きを読む

outofnice at 14:11舞台評
記事検索