April 11, 2017

オーディションによって選ばれた22歳以下の若手ダンサーで構成され、リハーサルから本番まで、プロフェッショナルな環境で舞台を作り上げてゆくKバレエ ユース。総監督・熊川哲也による2013年の創設以来、これまでに、同年の第1回記念公 演『白鳥の湖』、第2 回公演『トム・ソーヤの冒険』(2015年・世界初演)を上演してきた。そして、過去2度の舞台で古典とオリジナル作品の双方を経験した彼らが、次回の第3回公演では、大作『眠れる森の美女』に臨む。現在も厳しい練習を重ねる中、先月、ユースとしては初の試みである公開リハーサルが行われ、プロを目指す踊り手たちの成長著しい姿に触れることができた。

続きを読む

piyopiyotamaki at 19:25レポート

April 09, 2017

前夜の公演終了後、パリ・オペラ座の新エトワールがアナウンスされたというニュースに、会場は沸いていた。昇進したのはマチュー・ガニオの代役を務めたユーゴ・マルシャン。日本の舞台でのエトワール任命は初である。
続きを読む

outofnice at 23:23舞台評
当初予定のプログラム順が変更になり『中国の不思議な役人』から始まった。タイトルロールは木村和夫。登場の際の、手首から先を振るわせる異様な姿が強烈だ。不気味な男だが五分丈のシャツから伸びる腕はエレガントで、肌が見えている部分には女性的な柔らかさもある。脚の長いスラリとしたスタイルでありながら、しっかりと腰が入り、動きには隙がない。全身のコントロールが見事だ。これまで見た木村の舞台の中でも、特に心に残るパフォーマンスだった。今回が本役の踊り納めというのはいかにも残念である。木村以外の出演者も素晴らしかった。特に冒頭の群舞は、集団の迫力に加えて一人一人の自己主張もあり、エネルギーに溢れていた。幕開きの群舞が観客の心を掴み、それ以降の良い流れを作るのは、昨年10月の『ザ・カブキ』とも共通する。
続きを読む

outofnice at 23:22舞台評

April 07, 2017

 出雲大社は縁結びの神様として知られる。そのお膝元にある出雲市民会館で、日本舞踊と西洋音楽、神話とオーケストラが“ご縁”あって結ばれ、豊かな実りをもたらした。そのきっかけを作ったのは、いわば神話のトリックスターとして出雲の外からやってきたプロデューサー、音楽監督、舞踊家、作曲家であるが、元々の土壌がなければ生まれない。フィクションである出雲神話を、素朴な信仰心によって生活に取り入れながら伝えてきた人々と風土があり、かねてより小中学校の部活動からアマチュア社会人まで音楽(合唱、ブラスバンド、オーケストラなど)が盛んであった出雲市の文化の蓄積があればこそである。地域独自の伝統、伝承、風土という文化資源をベースに、現代的(西洋近代的あるいはグローバル)な芸術文化が出会い、試行錯誤を重ねながら創造され、発信されたのがこの公演、作品である。

続きを読む

inatan77 at 19:07舞台評

April 05, 2017

南インドの中心都市のひとつベンガルール(バンガロール)で、第8回を迎えるアタカラリ・インディア・ビエンナーレ 2017が開催された。主催するAttakkalari Centre for Movement Artsは、振付家・芸術監督のJayachandran Palazhyの指揮の元、コンテンポラリーダンスのカンパニー、スクール、レジデンス、批評紙の発行などを行っている組織。ベンガルールは歴史的に英国の影響を強く受け、現在ではインドのIT産業の中心地になったとはいえ、この国でコンテンポラリーダンスを広め、ダンサー、振付家を育成し、観客を獲得してきた経緯には多くの苦労がしのばれる。今回、ビエンナーレを案内してくれた松尾邦彦氏は、アタカラリの創成期から映像スタッフとしてコラボレートしてきたため事情に詳しく、アタカラリの人々からの信頼も厚い。ベンガルールという都市は近年目覚ましく発展しているが、このコンテンポラリーダンスのフェスティバルも質量ともに大幅に進歩したそうで、日本では望めないほどの充実したプログラムだった。

続きを読む

inatan77 at 21:13舞台評
記事検索