April 18, 2010

松崎すみ子が主宰するバレエ団ピッコロ附属研究所の第49回発表会で、松崎えりの創作2作品を見た。発表会は、そこに所属する子供たちが主役だが、その間に創作のチャンスを求める若手振付者の思いがけない力作が紛れ込んでいることがあり、油断がならない。
松崎えりはすでに、2008年にアサヒ・アートスクエアで、中村恩恵、松本大樹、森本由布子、大嶋正樹、小尻健太、首藤泉、スズキケンタローという豪華なダンス陣を動かした大作『TRIP』を発表しているし、2009年の西島千博がプロデュースした《バレエ・リュッス100年記念ガラ》では、『ナルシス』を青木尚哉を相手に自作自演し、空間を大きく使ったダイナミックな動きの処理で見るべき成果をあげている。この日彼女は、研究所のトップのひとりと目される山口裕美と小出顕太郎によるデュエットの『road』、若い女性ダンサー10人を使った群舞の『butterfly』の2本を見せてくれた。
『road』は舞台の奥に白く光る道が横に長くのびているという幕開け。その両端から小出と山口が登場する。中央で出会う瞬間に道は方形の広場に変わる。さらにその場の状況をさまざまに変えて、ダンスの展開に対応する(照明=松崎康道、岡沢克巳)。二人は、たんたんと流れるピアノ曲(曲名は不明)で踊る。しかし段階的に両者の組み方の調子を変えて、男と女の関係の進展を描いている。動きの質を場面に応じて微妙に使い分け、そこにドラマを出現させたのだ。
一方『butterfly』は、さらりとした動きの展開がさわやかな一本だった。若いダンサーたちをコンテンポラリーの動きに慣れさせるという、発表会ならではの目的意識がどこかに見えたような気がしないでもない。しかし、仮にこれをバレエ団のソリスト・クラスの人たちが踊っていたら、そういった印象は持たなかったかもしれない。この作品はバレエ団の公演でもう一回見て、確かめてみたい。
松崎えりは、次の時代を担う振付者として期待されるひとりだ。できるだけ多く作品を発表し、経験を重ねて大成してほしい。しかし今の日本のバレエの状況は、振付者を育てるという点からはかなり厳しいと言わざるを得ない。作品の発表にはそれなりの出費を覚悟しなければならない。仮にそこで良い作品が生まれたとしても、それを買おうというバレエ団はないのだから、まことに割の合わない仕事ということになる。たとえ発表会というマイナーな場であったとしても、作品を出せる機会を与えられた人はラッキーなのだ。見る側としては、できるだけそういう得難い機会に巡り合えるように心がけ、次の時代の日本バレエの進化を夢想するのである。
(山野博大 2010/04/03 15:00 練馬文化センター大ホール)


emiko0703 at 22:56舞台評

京都の春の風物詩、都をどり。「置歌」で、あでやかな衣装をまとった芸舞妓24名が花道に登場するや、まさに春爛漫。続く「松尾大社初詣」で春を寿ぎ、「和宮祇園社参」で悲しい物語り、「鴨川燈籠流」で夏の景色を描き、「猩々」では能をあしらって力強く舞う。「秋色伏見御香宮」で秋を彩り、「一力亭雪宵」では人の綾を重ね、最後の「平安神宮桜満開」で総踊りとなり、四季をめぐって再び春に戻ってくるという八景の構成。京舞井上流の、抑制のきいた明確な踊りを味わい、ベテランの地方連中の艶っぽい唄と三味線に聞き惚れた。(稲田奈緒美 2010/04/16 京都・祇園甲部歌舞練場)



inatan77 at 19:49短評

April 16, 2010

イスラエルを代表する舞踊団が2007年初演の同作を上演。振付、オハッド・ナハリン。10名のダンサーは、時にグロテスクにエロティックに歪み、あるいはスピーディに鋭利なラインを見せる動きそのものに、余計な感情やコンセプトを排して、鍛えられた身体を捧げる。その集中と緊張と無為が、生々しい身体に聖性さえ喚起させ、舞台をリチュアルな場に変える。ダンスの原点を垣間見せる秀作である。(稲田奈緒美 2010/04/15 19:30 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール)



inatan77 at 05:46短評

April 12, 2010

手頃な価格で意欲的なダンスを見せる企画。前売2000円で2時間強。不条理な笑いとブレイクダンスのAOKID、無表情で激しく赤い番傘を壊す笠井瑞丈、引きこもった凶暴性で冷蔵庫を壊す高橋幸平の映像とのコラボ、心に沁みる荒谷みつるのギターライブ、ダンスパートを大切にした構成力のあるミュータント・ライセ(KENTARO!!、伊藤知奈美、川口真知)、離れた二つの地点の生活をソロで表現した長内裕美に、観客は熱心な拍手を送った。ブラウニーとSchole recordsのCDのお土産付き。(隅田有 2010/04/11 18:00こまばアゴラ劇場)

outofnice at 21:05短評

April 08, 2010

舞台と客席との隔たりさえ曖昧なごく小さな空間が活かされた作品。決してユニゾンになることの無い3人のダンサーの身体が打つリズムが響き、『大洪水』と銘打った静けさの余韻が残る。ダンサーの動きのみならず、天井にも注目して、山下の創る『大洪水』を味わってほしい。
(中野三希子 2010/04/08 19:30 STスポット横浜


skippercat_second at 23:59短評
記事検索